WordPress 管理画面へ SPDY で SSL 接続する
avatar

先日 nginx をソースからインストールして入れ替えたのだけど、その時に SPDY もついでに入れておいた [ *1 ] 。ちなみに SPDY に関しての説明は『SPDY の紹介と nginx で SPDY を使う方法 – HeartRails Tech Blog』にお任せ。

なんて感じで設定するのだけど、WordPress 管理画面には IP アドレスと Basic 認証を使ったアクセス制限もしていて、それらを考慮した設定ファイルを作ることになる。まずは SSL でアクセスするための前準備として『オレオレ証明書で WordPress 管理画面へ SSL 接続する | 脳無しの呟き《土鍋と麦酒と炬燵猫》』を参考にしてオレオレ証明書を作る。自身しか利用しないことが前提の話なので、オレオレ証明書で問題なし。

これまでアクセス制限に関しては nginx.conf に記述していたのだけど、SSL でアクセスすることになるので、そちらの記述は別途作成した ssl.conf に行うことになる。挙動としては WordPress へのログイン画面(wp-login.php)と管理画面(wp-admin 以下のディレクトリ)へのアクセスに関して SSL 接続することにして、それ以外は通常の http 接続にするという感じ。

まずはメインである nginx.conf の修正。アクセス制限してた箇所をコメントアウトして、ログイン画面および管理画面のアクセスは強制的に https で接続するように誘導する。関連ファイルは /wordpress/ ディレクトリ以下にあると仮定。

そして次は SSL 接続用に作った ssl.conf の記述。

これでログイン画面および管理画面へのアクセスを制限しつつ、それらへのアクセスは SPDY が有効な SSL で接続できるようになった。SPDY 接続していることは以下でわかる。URL 欄にある緑の雷マークが SPDY 接続できているという証明。Firefox なら『SPDY indicator :: Add-ons for Firefox』をインストールするとそれが表示されるようになります [ *2 ]

SPDY が有効になっていることを確認

というわけで、管理画面へのアクセス制限とそれらへの SSL 接続を行うという設定は終了。SPDY を導入したから速くなったかどうかはわからないけど、まぁそこは管理画面という軽いコンテンツだからかもしれない。なんにしても、制限をしつつ特定のページにのみ SPDY でのアクセスを実現できたのでヨシとする。

はてなブックマーク - WordPress 管理画面へ SPDY で SSL 接続する
Pocket


  1. yum は止めて nginx をソースからインストールする | 脳無しの呟き《土鍋と麦酒と炬燵猫》』を参照のこと。 []
  2. Google Chrome なら『Chrome Web Store – SPDY indicator』を。 []

関連してるかもしれないエントリ

dullahan

About dullahan

[ 猫 ] [ 料理 ] [ 飲んだくれ ] [ いい加減 ] Web 広告関連とかもしてるフリーランス。寝だめするわビール飲むわうるさいわ黙れ。メアド等の情報は About に。家族の猫は『あげ&まろ』だもの。飲み会予約するなら前日までに。
This entry was posted in CentOS, nginx, WordPress, さくらVPS, セキュリティ, ネット and tagged , , , , , , , , . Bookmark the permalink.

Comments are closed.