やや混んでいる電車内でままあること
avatar

電車の話。座席は埋まっていてつり革もほぼ埋まっているくらいの状態があって、他人にぶつかる程度を許容すればなんとか車内移動も可能というケースはままある。本格的にぎゅうぎゅうではない、夕方の通勤電車くらいの混み具合。

こういうときにどうにも納得できないことがあって、それはその車両から降りるとき。例えばドアから近い座席の前でつり革を握っている私がいたとして、隣にはドアから離れた側に誰かがいて。

とある駅について私が降りようとして身体の向きをドア側に向けたとすれば、隣にいる人も私が降りるということくらいはわかるだろう。普通わかるよね。わからないのかな。いや、ここはわかるということで話を進めよう。

隣にいる人も降りるわけで、身体はドアの方に向く。結果的にその人は私の背中を見ることになる。うん、普通だ普通。ここまでは普通だし何も問題がない。

ここでまま経験するのが、ドアがまだ開かないうちから車内にて私を押しのけて前に出ようとする人ととの遭遇ケース。中途半端に混んでる状態なので移動しようと思えばできるとはいえ、こちらからすれば「何考えてるんだこいつ?」としか思えないわけで。

幾度か「あなただけが降りるわけじゃないですよ」と言いそうになったことがあるのだけど、そこまで『降りることができないかもしれない症候群』をこじらせていたりするのでありましょうか。

本格的に車内が混む時間帯であれば逆に「降りま〜す」であるとか声を出すから良いのだけど、中途半端な混み具合のときにそういう声は聞いたこともなく。そこまで不安であれば、車中真ん中に位置するようなポジションは取るなよと言いたい。

あと、往々にしてそのような人はドアから出ると安堵するのだろうか。他人をかきわけて車両から脱出した途端に足が遅くなるのであった。これもまま遭遇するパターンなのだけど、こういうときは後ろからぶん殴りたくなるから困る。手に持っているKindle Fire HDの角で殴ったらさぞ痛かろうな。

基本的にはこのような目に遭わないよう心掛けてポジション取りはしているのだけど、毎回毎回うまくいくわけでもないからなぁ。

こういう地味な「イラッ」というのは、結構ダメージあるんだよね。私は満員電車にいつも乗るような生活はしてなくてこれだから、日々こういうことを体験してるという方々におかれては気の毒に思えて仕方ないよ。

要するに「状況見えていれば焦らなくても大丈夫」だってことです。気にし過ぎだよまったく。

はてなブックマーク - やや混んでいる電車内でままあること
Pocket

関連してるかもしれないエントリ

dullahan

About dullahan

[ 猫 ] [ 料理 ] [ 飲んだくれ ] [ いい加減 ] Web 広告関連とかもしてるフリーランス。寝だめするわビール飲むわうるさいわ黙れ。メアド等の情報は About に。家族の猫は『あげ&まろ』だもの。飲み会予約するなら前日までに。
This entry was posted in 日々日常, 社会 and tagged , , . Bookmark the permalink.

Comments are closed.