引用と転載について

引用について

  1. 引用部分はblockquoteタグを利用して記述すること。
  2. 出所の明示としてエントリのタイトルを併記し、aタグでリンクすること。
  3. 引用される文章が、引用する側の著作物の「主」にならないように配慮すること。
  4. 『 [PDF] 適切な引用とは?』(京都大学電子図書館)も参考に。

適切な引用が行われている著作物に関しては、連絡や許諾確認の必要はありませんのでご自由に。

転載について

事前承諾のない記事全文転載は許可しません。また、文章に加筆や編集を加えての転載は「パクリ行為」(著作権違反行為)とみなし、どのような理由があっても許可しません。無断転載およびパクリ行為が発覚した場合は、原稿料として5万円を請求させていただきます。

写真転載について

当ブログでは撮り下ろした写真も多く使用しております。写真1枚につき3万円にて販売していますが、無断利用が発覚した場合には2万円の損害金を加えた5万円を請求させていただきます。

また、写真のURLを直接利用(絶対リンク/直リン)しての無断利用はこちらのサーバに負荷を掛けることになるので許可しません。これがなされた場合は威力業務妨害として法的措置を採らせていただき、損害賠償を請求いたします。

なお、画像の無断利用に関しては『MERYやWELQ問題を受けて押さえておきたい、画像直リンクと画像無断使用の違法性』(STORIA法律事務所)の見解を参考にしております。

お問い合わせやご連絡について

@Dullahan(Twitter)へご連絡、もしくは以下にメールをいただけますと幸いです。

はてなブックマーク - 引用と転載について
Pocket

Comments are closed.