水に流せる携帯用ティッシュペーパー


ここ数年に話だと思うのだけど、水に流せるのがウリな携帯用ティッシュペーパーがあちこちで販売されている。胃腸の弱い私としては、これが20年以上前から存在してればと思うほどの商品なのだけど、ともかくは良い時代になったよなぁとは思う。

ところが時代なのか昨今のサービス向上もあって、駅のトイレでトイレットペーパーが切れているようなこともなく、また自身の体調が悪くないという状況もあり、最終目標である『緊急時に使った携帯ティッシュをトイレに流すというシチュエーションにならない』という由々しき事態を招くことになっているのであった。

いやぁ、昔はなぁ……とかいろいろ思い返したりしてぶるぶると頭を振るような事態があったりしたのだけど、いろいろな物事の段取りが付くと何事も起きなかったりするという状況なのであって、それはそれでつまらない。いや、遭遇したくないけどさ。

ともかくは、本当にいろいろと細かいトコロに気が利くような商品が売られているような世の中になったよね。ありがたいことに花粉症ではないのだけど、それでもアレルギー性の鼻炎ぽいところはあって携帯ティッシュは手放せないわけで、どうせ買うなら水で流せるやつにしとくかなということで、これは大人買いしてる。

数種類ではあるけれど使ってみた感想としては、コンビニで売ってる6個パック(セブンイレブンなのだけどメーカー失念、デザインが白っぽいやつ)がいちばんお気に入り。薬局で買ったやつは触れた感じがイマイチなのだけど、16パックのやつを購入してしまったのでこれを使いきらないとダメだという。

考えてみると、携帯用ティッシュペーパーであれこれ書けるという世の中というのは平和だな。あの時あの瞬間にこれがあれば。

あばばばばばばば。