夢現

眠気に関する言葉を置き換えて想像していた

お昼ご飯食べた後、暖房の効いたフロアにいたら必ずお竹さんがやってくるんだけど、そのせいで仕事がはかどらない。がんばってお竹さんを飛ばすようにしないとダメなのだけど今日のお竹さんはしつこくてしつこくて、なかなか消えてくれないから困った。 暗転。 「くっ……まさかそのワインにクスリを……」「ふはははは!」「だめだ……お竹さんが猛烈な勢いで……うう……」「ゆっくりと奈落の底に落ちていくがよい」 暗転。 […]