nginx-1.5.1にバージョンアップ


以前に書いたバージョンアップのエントリに1.5.0があることを追記したのは、今月3日のこと。そして、その翌日に1.5.1がリリースされているとかどういうことなのでしょう。それに気が付いたのは今日なのですが。ともかくはそういうわけで、最新版にアップデートするのであります。

ちなみに、openssl-1.0.1eとngx_cache_purge-2.1は /usr/local/src/nginx/ 以下に展開済み(以前のアップデート時に利用したものをそのまま再利用)。調べたprefixは、nginxのバージョン部分(ディレクトリ名)だけを書き換えて利用。

ターミナル上でnginxの起動は確認しているけれど、念のためブラウザからもアクセスできるかどうか確認すること。ていうか、以前に確認しないで放置していて痛い目にあったのは私。

それにしても、nginxのバージョンアップに気が付くタイミングが悪すぎる。アップデート数日後以内に最新版がリリースされること2連続というのはいかん。『nginx news』を確認したらRSSフィードを吐いていたことがわかったので、こちらをチェックするようにした1

そんな感じだけど、問題なくアップデートは完了して、このブログも無事に動いております。めでたしめでたし。

  1. これまでなぜやっていなかったのか。 []