徐々に生活のパターンを変える

徐々に生活のパターンを変える

あげさんがいなくなってから約1ヶ月1 。なんとなくぼぅと過ごしてきたけれど、今日からはずっとサボっていた基礎体力作りでもするかということで、仕事から帰宅したら腹筋/背筋/腕立て伏せ/スクワットのセットで体を動かすことにした。少ない回数からスタートして、徐々に増やしていく感じで。

自身で仕方ないかとは思っているのだけど、本当に微妙なところでまだやる気が起きない。台所にもずっと立ってない。お昼はなんとか頑張って食べて、夜は食べたいものがあれば食べるようにしている。

先日は自身で何が食べたいのか延々を考えて、出た結論が地元喫茶店で作ってもらう、できたてで温かいミックスサンドであったりとか。もうちょっとだけやる気が出れば良いのだけど、自炊は当面無理だ。

先週はとある人からお誘い受けて、ちょっとしたイタメシ屋に行ってきた。ピザがなかなか美味しくて一人で2枚ほどをペロッといけた。サラダも美味しかったし、めったに飲まないワインも店員さんにおすすめを聞いて飲み干した。気分を変えて滅多に行かないようなお店に行くのは新鮮で、気持ち的にも良い感じになるということはわかった。

日々の生活パターンはやはり変えていかないといけない。過ぎた日々は忘れないけれど、それと同時に新しいことを積み上げないとダメなのだろう。

少しずつ家の中にあるゴミを整理しているが、捨てる雑誌の間からあげさんの写真がまた出てきた。それをテーブルに置いた骨壷の前に飾る。彼女がトリミングしてもらったときに獣医さんに巻いてもらっていたスカーフも数枚あって、それを捨てるかどうするか少し考えている。まぁでもこれは、捨てるべきだろうな。

焦っても仕方ないので、ゆるゆる行くということだけは決めている。

  1. あげさんは虹の橋を渡りました 』を参照して下さい。 []