あげさん定期検診(2018/02/17)

聴診器で診察されるあげさん

今朝の病院ではなぜか、他の通院客から声がかかりまくり。かごのネットを開いて見せたら「あらまーやだーかわいー」とかなんとか言われまくって、あげさんも超満足な感じ。本当にこの子は外面がよろしい。

体重は前回より160g減って2.54kg。甲状腺の薬はもうちょっと増やさないとダメかもしれない、という結論に。この4週間はそこそこ飲ませていたつもりなのだけど、それでも足りないようだ。ただまぁ、体重が減るにしても(過去4週間における)減少量がこれまでと比較して若干少なめだったのは救い。

今日は、行き帰りともに早めな感じでタクシーも捕まえることができたので良かった。行きも帰りも目的地を言ったら即時反応してくれるパターンは、通院を始めて初かも知れない。ちなみに帰宅時のタクシーでは、運転手さんの副業(熱帯魚ブリーダー)失敗談を延々と聞かされた。

それにしても、体重3kg超える日は来るのだろうか。一緒に頑張るしかないな。

共同通信社が山中氏の報道でしてしまった重大なこと

京大iPS細胞研究所における論文捏造事件1 に関して、共同通信社があまりにもお門違いな言いがかりレベルの記事を公開。これに対してネット上では批判が殺到したのだけど、共同通信社は数時間後に異常な対応を行った。

まず、公開当時の記事を魚拓履歴2 より冒頭引用。

京都大iPS細胞研究所の研究不正で、問題の論文を掲載した米科学誌ステム・セル・リポーツの創刊に、当時、国際幹細胞学会の理事長を務めていた山中伸弥・研究所長が深く関わったことが25日、分かった。

山中氏、科学誌創刊に深く関与か 京大、iPS研の論文不正発表 – 共同通信

最初の段落からして「だからどないしてん」感が満載で、無用に山中氏を蔑むような雰囲気に誘導。山中氏に対する悪意に満ちたゴミ内容。これが叩かれまくった挙句にどうなったかというと、数時間後、以下のようにタイトル及び内容が修正されてしまった。

京都大iPS細胞研究所の論文不正問題を受け、山中伸弥所長が、給与を当面の間、研究所に全額寄付するとの考えを示していることが25日、分かった。今月の給与から寄付するとしている。

山中所長が給与全額寄付 京大iPS研、論文不正 – 共同通信

引用した最初の段落からしてまったく違う内容になってしまっているのだが、これに関しての私が問題視することは以下。

  • 共同通信社は記事を下げるのであれば書き換えるのではなく、一旦削除して山中氏への非礼を詫びることだった。
  • 最悪なのは、記事のリンク先(URI)をそのままに内容を全面刷新したこと。公開当初の記事への批判が、後から見た人にとってまったくなぞのものになってしまっている。正しい作法は、記事を削除して新規で記事を起こすことである。さらに言えば元の記事リンクはそのままに、そこに山中氏への謝罪文を載せろと個人的には言いたかった。
  • 共同通信社としては、先に(炎上で)広まったリンク先を利用してPV稼ぎをしたのではないか、という疑惑が持たれる。メディアとしてこのようなことを行って良いのか、私には理解に苦しむ。さぞかしPV数が増えて広告主もお喜びのことでしょう。

おそらくきっと、共同通信社はやってはいけないことをさらっとやってしまったような気がする。このようなことをしていると、メディアへの信頼は一気に落ちる。これに関しては他所のメディアでも同様で、今回の共同通信社のような対応をしてしまったら一気に捨てられてしまうかもしれないのですよ。だからTwitterでも書いたのだけど、関係者方面からのぶっ叩きを期待したいトコロではあります。

炎上でPV稼ぎとか黙って内容差し替えであるとか、どこのクソまとめサイトなんだよ。昔から共同通信社には良いイメージはなかったのだが、今回が私にとってはトドメになりました。ウェブ広告でおまんま食べさせてもらってる身としても最悪だ。あんなやつらと同類とか思われたくない。

今後、共同通信社の発信する怪しい記事は、魚拓を撮ってからでないと言及するのは無理だな。そもそも言及する気もなくなったけど。

  1. 京大iPS細胞研究所で論文のねつ造や改ざん | NHKニュース』を参照してください。 []
  2. https://archive.is/https://this.kiji.is/329123813377803361 []

大雪警報その後の松屋で起きた事件の話

都内も大雪でした

お昼ご飯。今日から始まるチーズタッカルビ定食目当てで地元駅前の松屋へ行ったのだけど、私の前に券売機で並んだ3名全員が、迷った挙句に何も買わないでお店を出るという事件が発生。よく見ると、券売機横に「雪の影響で材料が届いていないので、牛めしは販売を停止しています」的なお知らせが張ってある。

先に並んでいた3名は全員牛めし目的だったようなのだが、そのお知らせは読まないまま帰ったのが先頭からの2名。私の前に居た人は店員を呼んで理由を聞いてからお店を出て行った。

私はと言えばお目当てのチーズタッカルビ定食も仕入れの関係で購入できない状態だったのだけど、ブラウンハンバーグ定食に切り替えての昼食ということにして、後から来店する人たちを観察することにしてみた。

ちなみに券売機に並んでいる最中、自動ドアの外側にも同じお知らせが張ってあることに気が付いたのだけど、これの位置がかなり悪いなという印象を受けた。自動ドアに貼られているお知らせは、身長170cmの私でも少し目線を上げないとダメな位置にある。松屋の自動ドアは(私の身長で)だいたい腰の高さに「ここをタッチ」的なマークがあるので、たいていの人は松屋に入る時、無意識にでもそのマークを見るために目線を下げていると思うのですよ。だから「ああ、これは絶対に誰も読んでないわ」という結論に。

案の定、私の後から来たお客さんは券売機を触っては首をひねって出て行ってしまう。確か12人ほどは来たかと思うのだけど、店員を呼んで説明を聞いた人は1名。券売機で買うのを諦めてカウンターに座ってから口頭で牛めしを頼むも、そこで初めて状況を聞かされて別の定食に切り替えた人が1名。ちょうど券売機近くに居た店員に説明を受けて注文を切り替えた人が1名。残りは全員黙ってさようなら。

定食を食べながら、「なんでここに居る店員はこれに気が付かないのだろう」ともやもやしてきたので、お店を出る時に店員さんを捕まえて「お知らせを貼る位置が明らかにおかしいから誰も読んでないですよ」「表に貼るならマークの高さにしないと目に入らないですよ」的なことを言ってしまった。

それはそれで一応は感謝されたのだけど、券売機を触ってから黙って去っていくお客さんを何人も見て何も思わないという状況にびっくりした。聞かれたら頭を下げて「申し訳ありませんが……」で本当に申し訳なさそうに説明してるのだけど、そもそもちゃんとお知らせを見てもらうようにすれば、その回数も激減するのにねぇ。

こういう時、如何に多くの人にお知らせを読んでもらうのが大事であるかということを再認識したのと、如何にお知らせを読まない人が多いのかを目の当たりにして、「ああ、ほんと人というのは目の前にあるものを見ているようでちゃんと見てないのだな」と再認識をするに至った次第。

その後どうなったかは知らないけれど、お知らせする時は、ちゃんと顧客目線でどこを見ているか意識したほうが良いですよってお話でした。

あげさん定期検診(2018/01/20)

薬袋のイラストがおかしい

今年最初の定期検診。前回よりもさらに体重を増やす予定だったのだが、計ってみたら2.7kgで200gの減少。先生と話をしたのだけど、甲状腺の薬は増やすほうが良さそうな感じである。食欲はあるし水もよく飲むし歳なりに元気そうではあるので、やはりそうしてみるしかない。

ところで薬をいただくときにもらう袋。ここに描かれている猫のイラストが本当にツボで、じっと見ているとなんだかわらけてくるのである。スナック菓子を食べるような感じでポイポイと口の中に放り込んでるように見えるのがなんとも。そもそもイラストが猫のように見えるだけで人っぽいのもだめ。そんなのでいいのかおまえ。

そういえばこのエントリが今年最初の投稿になります。みなさまにおかれましては、あけましておめでとうございます。今年も良い年になりますように。ちなみに初詣のおみくじは中吉でした。

というわけで、今年もがんばってあげさんと生きよう。まずはやっぱり体重を増やすことと、6月の誕生日を無難に乗り越えることが今のところの目標です。

あげさん定期検診(2017/12/24)

診察が終わって自分からかごに入るあげさん

年内最後の定期検診。本当は昨日に済ませるはずだったのだけど、祝日だということをすっかり失念。午後は休診だと気が付かず、電気のついていない病院の前で「どういうこっちゃ」と電話してみるも誰も出ず。どうしたものかと思案し始めたトコロで、スタッフの人がお泊り中の犬の散歩に出るのに遭遇&開口一番「今日は祝日ですよー」とにっこりされる事件がですね。

タクシー乗ってあげさんとドライブしただけ。土曜日が祝日だとかなりの確率で忘れる。

そういうわけで、今日は朝一番で病院。体重はまた200gほど増えて2.9kgになっていた。目標の3kg超えは、この調子で行けば2〜3週間後には達成できそう。甲状腺の薬も効いてるようだし食欲もあるし、この調子で年を越していきたい。

帰りのタクシーは以前にも乗ったことのある運転手さんで、運転うまいわ近道知ってるわ話おもろいわという人。年内最後にあのタクシー乗れて良かったですわ。昨日のがっかり感もすっ飛んだ。

今年は本当にあげさん介護が中心の1年だったけれども、本当にあげさんよくがんばった。正直に書くと年初あたりで3回くらい諦めかけてしまったのだけど、やっぱり諦めたらあかん。20歳だとは思えないくらいに元気なったことが信じられないしうれしい。足腰は若干弱り気味だけども、それは加齢もあるから仕方ない。

来年の目標は、1月中に体重3kg超えることと6月の誕生日を無事に迎えること。できるだけ長く一緒にいられますように。