期日前投票に行ってきた(第48回衆議院議員総選挙)

期日前投票に行ってきた

期日前投票に行くのは、実は、今回が初めて。これまでは投票用紙が届くのが投票開始日よりも後になることと、(これも後から届く)選挙公報に一応目を通しているからという理由で毎回投票日に行っていた。ちなみに今回投票用紙が届いたのは昨日(10/17)、選挙公報は本日(10/18)帰宅後にちょうど目の前でポスティングされた。

でまぁなぜに今回、選挙公報を待たず期日前投票に出向いたかと云うと『都内で天候が良いのはおそらく今日だけ』『たぶん私の投票人生の中でいちばんの野党ダメダメすぎで悩むようなことがほぼ無に等しい』という理由。

対外的に私は消極的自民支持であることは公言しているのだけど、他に良さそうな候補者や政党があればそこに投票するということはありえるし、過去に比例区で他の党に入れたこともあった。だからニュースは追うし選挙公報はちゃんと読んでから投票日にゆっくりと……だったのだけども。自公以外に対する今回の感想は以下のような感じ。

希望の党
都政ジャーマンスープレックス豪快投げっぱの党首もそうなのだが、民進党から逃げ出して自身のスタンス捻じ曲げて党首に尻尾ぶんぶん振ってでも議員の座にしがみつきたいという方々が可視化されたという功績以外に結党して良かったことって何かあったっけ? しかも選挙中に踏み絵蹴飛ばす候補者が出てくるわでむちゃくちゃ。スタンス捻じ曲げて参加している候補者は軒並み落選してほしい。
立憲民主党
個人的に枝野代表は云うほど嫌いでない。が、左右混濁ごった煮だった民進党の中でも私の考える方向じゃない方々が集いまくったという段階でさようならであった。世間的には一定の評価を得ているのはわからなくもないのだけど、結局は希望の党から蹴られた方々の寄り合い的なイメージ。前原氏が「全員移籍」的なことを言う前に結党してたらどうだったかなぁとは思う。個人的には菅直人氏の小選挙区落選からの比例復活様式美があるかどうかに興味がある。
日本維新の会
もともと眼中になかったのだけど、南関東比例区名簿1位に長谷川豊氏を入れた段階で完璧に投票することはなくなった。よくもまぁあのようなトラブルメーカーを引き込んだなぁという印象しかない。しかし本当にどうなるだろう。小選挙区では勝つ見込みなしという話だけど惜敗率というやつが問題ですねぃ。たぶん、今回の選挙でいちばん議員にしたくない候補者ナンバーワンが彼になるんだよねぇ。災いを生み出す口をなんとかしないと、仮に当選したとしても炎上しまくって大荒れになると考える次第。
共産党
ポスター(ポスティングされたチラシ含む)でいちばん目立つ文言が「安倍政権にNo!」とかそれ政策ちゃうやろとしか。一応政策らしきものはポスティングされたチラシの裏側に書いてあったが、いちばん伝えたいことが安倍総理批判であるという段階でダメでしょ。安倍総理続投でなく、他の自公の誰かであれば良いというわけでもないだろう。それなら最初から「自公政権にNo!」と言った方がまだマシだった。キャッチーな文言ならなんでも良いと思っているなら大間違いである。
民進党から一転無所属になった方々
当選したらきっと、立憲民主党に擦り寄るんだろうなぁという印象しかないので、先に書いた通り。
その他
まぁね、とりあえず選挙がんばってください。

選挙結果はまだまだわからないけれど、与野党ひっくり返るようなことがあってもそれはそれで受け入れる所存ではある。でもまぁほんと、今回の野党勢に対してここまで絶望に近い感覚を持ったことはないよなぁ。

どのような党でもそれなりの規模なら解散など想定しない日頃からしっかり党運営してて、何があっても(多少なりとも)対応できるようにはなっているものだと幻想を抱いていた。どんだけボロボロやねん。

投票日はゆっくりして夜はお酒でも飲みながら選挙バラエティを観て楽しむことにするよ(いつものことだけど)。

今年はシャンプーのあげさん

ふかふかあげさん

昨年はライオンカットしたあげさん1 だけども、今年はシャンプーをメインでお願いした。毛玉もそこそこできていたので、適宜そこはカットしてもらうという感じ。

昨年も書いてはいるのだけど、さすがに歳を取ると毛繕いもしなくなり、それのせいか毛並みがげしょげしょな感じになっていたのが気の毒で。ツヤツヤの長毛がウリだったあげさんなので、そこはおばあちゃんになってもおしゃれしましょうという気分。体臭も若干気になるようになったので、ちょうど良いタイミングではある。

あげさんを預けて見積もった時間は2時間程度。終了したら電話をいただけるということだったのだけど、連絡が来る前に様子を見に行った。多少は鳴いていたようだけど、基本はされるがままのおとなしい状況でまぁまぁ良かった。暴れる子ではないので、そこはトリマーさんにもありがたがられる。

そうして今年も10月に預けたものだから、トリミング終了後はまたハロウィン仕様のスカーフ2 をサービスで巻いてもらう。体型が体重のせいもあって小ぶりな見た目になったので、なんとなく昨年よりも似合ってる気がする。

シャンプーでふかふかになったあげさんは、触っていても気持ちが良い。「ふかふかですねー」と言いながら撫でるとまんざらでもない雰囲気になるのは、いつものことであった。

  1. 今年も散髪のあげさん』を参照してください。 []
  2. 昨年はミニバンダナとか書いてた。 []

ランチはひとりで食べたい

ひとりでランチ

某社に出向くときはたいてい、ひとり地元駅付近の飲食店でお昼ご飯を食べてから移動することにしている。もし何かの事情があって午前中に顔を出すことがあったとして、その場合もお誘いが無い限りは基本的にひとりでどこかに食べに行く。

ひとりで食べる理由なのだけど、おそらくはたぶん、多くの他の方々とは違うような気がしている。面倒くさいであるとかそういうのではなくて、「私が喋っている間に他の人が食べ終わってしまう」からなのであった。

他の人と行くと黙々と食べているという状況に我慢できなくて、いろいろと喋ってしまうこの性格。お仕事上でのお付き合いの場合は、これがかなりつらい。最後は他の人を待たせて食べることになってしまい申し訳なく思うわけで、だからもうランチはひとりが良いという結論になった。

ひとりでランチへ行くとしても、お店でばったり知っている人と合うのも気まずくなる。気にしなければ良いのだけど、鉢合わせが事前にわかっているなら極力それは回避したい。

今日はいつもとは違い、某社のある最寄り駅から少し離れたところでお昼ご飯を食べた。

某社の近場でも気になるお店はあるのだけど、到着時刻的に「誰かに会いそうだよなぁ」ということで、1駅分近く歩いたところで見つけたお店を選択した次第。今回はなかなか当たり。

いやほんと、「誰かに会いそうだなぁ」という感覚は本当に正しかったようで、某社最寄り駅付近から少し離れたところでも外からお店の中を見ると、知っている人の姿が見える。きっと彼らも誰とも会わないようにしているのだとは思うのだけど、そうなってくると足は某社からどんどん遠ざかるわけですね。

これだったらそもそも1駅前で降りてお店を探せば良いのではないか、という気分になるのだけど、今後は実際にそうなりそうではあった。ただ、某社最寄り駅付近で気になるお店が数店あるので、まずはそこをなんとか攻略してから、ということにはしたい。

知らなかった土地でランチ用のお店を探すことはなかなか楽しいのだけど、我ながら面倒くさい性格をしているなぁと改めて思った。

あげさんはいつもどこかに頭を突っ込む

鼻の頭を汚したあげさん

何かにめり込む猫という画像があちこちでアップロードされたりするのだけど、あげさんもいろいろと何かしらどこかに顔を突っ込んでいるようで、鼻の頭がよく汚れる。

気が向いたら濡れティッシュで拭いてあげたりはするが、せっかくのピンクな鼻頭が汚れるのはなんとかならないかと思う。かわいいのに。

それにしても、我が家のドコに顔を突っ込んで鼻頭を汚しているのかがわからない。それを知りたいだけのために、カメラを設置しようかと思ったこともある。結局面倒くさくなってしないのだけど。

まぁまぁそんな日常ではあるけれど、今朝は動物病院からの血液検査報告の電話があった。甲状腺の数値は高いままなので、やはり飲ませる薬の頻度を多少でも上げていくしかなかろうという結論。体重を増やしたければ、それに掛けるしかないのだよなぁきっと。

前にも書いたのだけど、1日2回を守っていたら延々と吐きまくる状況になったことがあって、それはやはり気になるのだよね。それでも飲ませないと……という状況が歯痒いのであった。しかし今日聞いたところでは、「本当は1日3回がベストなんですよね」みたいなことを知り。

今日は月初め平日ということで、また仕事帰りに地元の神社へあげさんとまろさんの健康を祈願しに行ってきた。ついでにお仕事のお願いとか。人間のことを差し置いて猫のことをまずはお願いするというのはどうなのだろうと、いつも思う。思いながら手を合わせる。

そう、それはいつも思うのだけども、それで自身の心の平穏も得ているというなんというか、どうなんだろう。よくわからないけれど、毎回毎回、「先月は元気に生きることができた」という事実だけを毎月積み重ねている。今月も何事もなく、彼女たちが元気に過ごすことができますように。

来週末には、近くの病院であげさんのシャンプーをしてもらうことを予約した。今回はライオンカットするのは止め。ふわふわになるあげさんを想像して、ちょっと楽しみにしている。

あげさん定期検診(2017/09/30)

採血されるあげさん

点滴液等の補充と定期検診を兼ねて、あげさんと動物病院へ。今回は久しぶりに血液検査も行う。通常の血液検査であれば検査後少し待つことで結果がわかるのだけど、今回は甲状腺検査を外部委託で行うので、全体の数値は数日後にまとめて教えてもらうことなった。

あげさんは外面がとても良いので、採血時も写真のように(一応はおさえてもらうが)されるがままで抵抗しない。これは病院の先生方にとても褒められる。そして検査が終わり、私が「おつかれーもういいよー」というと自発的にカゴに戻る。これもなかなか評判が良い。

計った体重は2.4kgほどで、前回計測より若干落ちる。なかなか体重は増えてくれないのがやっかいなのだけど基本元気でいてくれるので、この数値を最低ラインとしてキープできれば。

ご飯は食べるしおしっこうんこもちゃんとできる。水もしっかり飲んでくれる。そうしていつも甘えてくる。昔だったら普通であったことのどれもこれもがありがたいと思う日々です。

定期検診ネタはシリーズ化する。このシリーズができるだけ長く続きますように。