今日のあげさん(2018/04/19)

今日のあげさん(2018/04/19)

トリミングして肌寒かろうということで買ってきた服。色がなかったのでなんだか男の子風になってしまったが、ピンクとか赤系があれば買い直したい。少し前までしていたバンダナは、水を飲むときに結び目が水に浸かってしまうので、終了。

というか、この服はなんというかバスケのクラブで練習してる人な感じがしてじわじわくる。どこかにシュートでも決めてくれたらかなり受けるのだけど。

そんな感じではあるけれど、昨日からの今は結構おとなしい。安息の日々という感じで、観ているこちらも安心できる。ご飯はちゃんと食べていたし、トイレでしっかり用も足せていた。

これまでは日常普通にできていたことが大変になって、それでもなんとか今でもこれまでの日常通りに振る舞おうとしている彼女を観ると、感動すら覚える。一所懸命にトイレに入ってうんこする姿を見て、「すごいね! うんこできたね!」と素で言ってしまえることそのものがありがたいと思える日々を過ごしています。

言葉を出して褒めるとそれに応えようとする姿があって、「こういうのが無理をさせているかもしれない」という不安は常にある。ここ数年、何かしたら「すごいね!」とか「うん、がんばったね!」などと声を掛けるのだけど、実際のトコはどうなのだろう。彼女に負担を強いてはいないだろうかと少し悩む。それに応えてくれているのか、こちらの言ったことをやってくれるのが逆に不安になる。

昔から思っているのだけど、彼女と言葉で意思疎通をしてみたい。ごめんね、ありがとう、あれはこうだった、それはああだった。いろいろ話をしたい。

最近は気が付いたら添い寝をされている。私が弱ったか彼女が弱ったか。