海鮮系居酒屋で食べる揚げ物なランチの話

海鮮系居酒屋で食べる揚げ物なランチの話

とある要件で埼玉県某所に行ったのだけど、お昼ご飯は駅前にある海鮮系居酒屋でランチを食べることにした。なんというかまぁ、本当に駅前には何もないところなので、ご飯を食べる場所の選択肢はないに等しい。他にあるのはコンビニと(洋食系ランチも出す)カフェのみ。

国道まで出ればそれなりにお店もあるのだけど、歩くとなれば距離がある。ああいう土地は基本、車がないと話にならん。

そんな感じでランチを選ぶのだけど、種類は結構あった。価格帯は850円から1,200円程度の幅。何も考えずに日替わり定食(とんかつ定食850円)を頼んだのだけども、うん、小鉢はあるし刺身もつくしで分量的には結構満足。

ただなぁ。メインのとんかつがなぁ。薄いし筋切りちゃんとできてないしで残念すぎて。どうしたらそんなとんかつになるのだ。どう考えても自分で揚げたとんかつのほうがうまい。先日作ったけど、絶対に勝ってる自信がある。これなら鶏の唐揚定食のほうがまだイケるのではないか、とか。

3切れあった刺身がそこそこおいしかったことを考えると、ここはやはり海鮮丼か焼魚定食を頼むべきだったか。海鮮系居酒屋で頼むなら、魚メインにするべきだったなぁ。やっちまったわ。

一応文句垂れるエントリなのでお店の名前は出さないけれど、フォローしておくと、居酒屋メニューで並ぶ海鮮系のものはなかなかおいしそうだった。カワハギの刺身とか肝和えなどはちょっと頼んでみてもよかったか。

Advertisement

それにしても今回に限らず、居酒屋がやっているランチは当たり外れが多いよなぁと思うことが。少ない経験で書くのもアレなのだけど、揚げ物系は総じて「本当に家庭の味」なのだよな。「家庭の味を装ってる」のではなくて、本当に自宅で出てくるような「家庭の味」なパターン。

そう考えると食べる側としては「合う合わない」という問題が発生するわけで、合わないお店を引いてしまったらそりゃぁダメですわなぁ。今回はまさにこれだ。また行くことがあるなら(抱えた要件的にきっとあるのだけど)、今度は別のものを頼もうと心に誓った次第。