とり唐おろし丼@一番どり

とり唐おろし丼@一番どり

今日は仕事の関係で午前中から某社へ顔出し。というわけで、お昼ごはんは六本木一丁目にある一番どりで『とり唐おろし丼』を食べた。ランチタイムだったので、漬物と味噌汁がついて790円。

ご飯の上に刻み海苔を敷いて素揚げの茄子を4枚。その上にさらに大きな鶏の特製から揚げを4個乗せて、大根おろしとポン酢をかけたやつ。200円を追加するとミニうどんかミニサラダがつくのだけど、それがなくても結構満足できる分量であった。

鶏のから揚げがなかなかおいしいのは収穫で、素揚げの茄子が箸休めになる感じ。惜しかったのは、ちょっとご飯がおいしくないかなぁというところ。

なんだろうなぁ、これ。おいしいところは本当においしいのだけど、虎ノ門方面は米に関して云うと当たり外れがありすぎるような。

場所と商品の値段を考え合わせてみれば、「そんなもんかなぁ」などと考えてみたりもするのだけど、ご飯がイマイチだとテンションも下がってしまう。

とは云うものの、そこは微妙なラインではあるので、また機会があれば他のランチメニューも食べてみたいとは思った。他の人が食べていた『鶏照り焼き丼』もおいしそうだったしね。