最近は簡素なブックマークレットを作りまくっている

Pocket

プログラマでも何でもないのだけど、最近はお仕事絡みでブックマークレットをいくつか作ってメンテナンスすることになっている。今更という感じがしないでもないけれど、現場からの「なんかこう、ほにゃららみたいなのがあると便利なんですけども」的なことを聞くようになったので作ってみるか、みたいな。

そもそも『自発的に何かを作る』ということがないので、逆に言うと『お願いされたならできることはやってみようかな』くらいの感覚。プログラマやってないのは、自身が『あれしたいこれしたい』がないから(だからできない)というのは、どっかで書いたかな。嫌いじゃないのだけど。

本格的に高度なことをするなら、できる人にお金出して作ってもらうのが速いと考える派なので、ままそういうスタンスなのだけど。これはあれだ。できる人に対して『簡単なものを作ってもらうのもなんだか申し訳ないから』というのがあったりはする。できる人にとっての片手間レベルのものを無料(もしくは謝礼程度)で作ってとか、絶対に言えないし。そういうのってその道のプロに対してすごく失礼だと思っているのです。

たまに……いや、よくいるか。「できるんでしょー作ってよー」的な感じでカジュアルに物事を頼む人がいるのだけど、ああいうのって端から見ていてもすごく気分が悪くなる。初めて会ったのに「じゃぁお友達価格でお願い」とかもシネとか思うし、でもそういうのは多い。お願いされて作る気になるって、大げさに書けば『心が動かされる』という経過がないと無理なんだよね。

ああ、何の話だこれ。

そんな感じだけど、最近は自力で調べてあれこれ作って関係者に使ってもらったりしてる。ちゃらい成果物でも、「あー便利ー」とか言ってもらえるとちょっとうれしい。でもなんか知らない人から「聞きましたけど、なんだか作ってくれるんですよね」とか言われたらどつくぞって気分の昨今。

ブックマークレットに関しては『Bookmarklet Builder』を知ってから、かなり捗るようになった。これでメインのチェックを行って、それでも挙動が不振なら、Firebugで調べるという流れでなんとかなってる。世の中は本当に便利になったなぁと思う。素人でもクローズドなレベルならなんとかなっちゃうんだから。いや、それはそれでセキュリティとかどうしたら良いのかなってのは考えてるけども、そこは勉強だよなぁ。

まぁそれにしても、何か書いてそれが動くっていうのは、なんとなく楽しいよね。こういうのでお金もらえるようになれば良いのだけど、さすがにそこまでは。いろいろできる人は本当にすごいなぁと、改めて感じた次第。