『もしも矢沢永吉が『桃太郎』を朗読したら』を読む


『』の中に『』があるのはどうなのかと思って一応ちゃんと調べてみたのだけど、書籍名を『』で括るのは正しいしその中にある書籍名が『』で括られているのもおかしくないからエントリタイトルはおかしくない。おかしくないはずだ。そんな感じでTwitter経由で知った七億氏1 の書籍、速攻でAmazonにてポチった。

もしも矢沢永吉が『桃太郎』を朗読したら

ところでもう、Amazonでの内容紹介がすごい。『初期の筒井康隆に勝るとも劣らぬブラックな作品群は一読の価値アリです。現代社会を笑い飛ばせ !』とか、そこで筒井康隆出てくるんですか。私の本格的な読書というのは筒井康隆のショートショートを読むことから始まったわけですが、そこまで書くのであれば買わないとダメなんじゃないかってすげぇ強迫観念。

そういや中学生時代だったか、自分の部屋の本棚に筒井康隆の書籍を並べていたのだけど、それを掃除の時に手に取った母親から「あんたあんなエロ小説ばっかり読んで」とかなじられてすげぇ怒られたのが納得行かなくていろいろ言おうかとおもったのだけど、読まれたのが弁天様の話とかだったりしたわけで言い訳なんざできなかったことを思い出しつつ考えたわけで桃太郎にはエロが足りないんですよ絶対的に。いや、七億氏の作品にエロ要素とかあんまりないんですけどね。

何が良いって、1話完結で短いしすぐ読めちゃうのが良い。桃太郎最高。『アルスラーン戦記』を見なさい。アニメも始まったのだけどちゃんと終われるのか。録画して見てるけどあんなの不安しかないですよアズライール。

あ、もしかして世の中って桃太郎ブームなのかな。auとかペプシのCMでも出まくりですよね。パッカーン。

  1. 七億氏のブログは『ナナオクプリーズ』ですよ! []