麦とろ牛皿御膳@吉野家

Pocket

とろろご飯で肉を食べるシリーズ、今回は食べよう食べようと思って放置してた『吉野家』の麦とろ牛皿御膳。先日Twitterにて「9月末までらしいよ」と聞いたので、昼食の予定を変更して食べてきた。

麦とろ牛皿御膳@吉野家

すでにあちこちで語られてるのだけど、麦めしの味は自宅で押し麦を追加して炊いたような感じ。押し麦が混ざってなくてご飯の上に乗せてある状態だったので、自分で軽く混ぜてからとろろを追加。そのとろろは若干粗め。醤油風味で濃い目の味が付いており、申し訳程度に乗っている青のりがまったく息をしていない。

でまぁこのとろろご飯なのだけど、牛皿と結構合うので思わず「へぇ」とか思ったり。問題はポスターほどに牛皿の分量がなくて、ちょっと残念だったこと。甘めに煮られている牛肉がとろろご飯に合うらしいということは収穫であった。

ただなぁ、小鉢のオクラがなぁ。冷凍してたやつを解凍して出しました風で味はほとんどしないし、ちょっと醤油をかけて食べてはみたけど、これだったらほうれん草のおひたしとかのほうが良かったなぁ。輪切りになった緑の何かをつまんで食べてる感じで虫になった気分。

総合的にみて580円という金額を考えたら、上出来なのだろうか。オクラさえなんとかしてくれたら、あとは牛皿の量を1.5倍くらいにして650円とかでも払えるとは思った……って吉野家に夢見てどうするんだ。

というわけで、そろそろ季節メニューにおけるとろろは終了ですね。冬場は牛たん系のお店に行ったり、松屋のサイドメニューで誤魔化すことにしよう。