知らない間になか卯の自動券売機がまともになっていた

知らない間になか卯の自動券売機がまともになっていた

5年前に『なか卯の自動券売機と最近の愚痴』というエントリを書いたのだけど、当時の自動券売機があまりにもマヌケな仕様だったという内容で、かつ、当時の地元なか卯のスタッフがひどすぎて行かなくなっていたというね。

でもまぁ5年も経てば当然のことながらスタッフも入れ替わってるだろうし「まぁいいか」ということで、最近はまた利用するようなった。そこで気が付いたのが自動券売機の改善。これ、いつからなんだろう。ともかくはやっとまともなUIに変更されたということで、めでたし。

もう少しだけ注文を付けさせていただけるなら、最初のジャンル選びのパネル種類が多すぎて、初動で困ることがあることかなぁ。こういうところは松屋の自動券売機の方がまだまだ上のような気がする。顧客に選択させるにあたり、選択肢が適切でない数だと思考タイムが増えてしまって効率的じゃないのですよね。ここはまだまだ改善できる点だと思いマス。

なんてことをなぜに今頃書いているかと云うと、その5年前のエントリへのアクセスが未だにそこそこあるからで。当時は某巨大掲示板のなか卯スレッドで紹介されていたのを覚えているけれど、最近のは検索流入なのでキーワードがわからないのよねぇ。そういう感じなのだけど、「ああ、ちゃんと改善されたよ」ということを書いておかねばと云う、なぞの使命感。

ちなみに先日行った時はまたスタッフの対応がひどくて、カウンターに座っていることをわかっているはずなのにチケットを取りに来ない。後から来たテーブル客が先に目に入ったのか、そちらを先に対応。戻ってきたらこちらかな? と思ったら出来上がってた他の客への配膳x3回。

なか卯って自動券売機でチケット買うと厨房に音声で商品名を伝えるから、それで順番が変わることはないのだけど、問題は「チケットもぎり=お茶を出す」なんですよね。こっちはお茶飲みたいのに放置ですよまったくもう。カウンターで厨房前に座ってるんだからチケット取ってお茶出すなんて20秒掛からんだろうがって感じですわ。なぜに地元なか卯はそういう人材を採用してしまうのか、さっぱりわからん。