あげさん1週間便秘で診察を受ける

あげさん1週間便秘で診察を受ける

右後足に力が入らなくなり、トイレに到達する確率が低くなってしまったあげさん。先日の日曜日(4/22)よりおむつをすることになり、現在に至る。足の状況は良くなってきたかと思えばまた……の繰り返しなのだけど、おむつを始めてからずっと便秘状態が続いていた。

食事に関しては、おむつ開始の日以降火曜日(4/24)までは『銀のスプーン 三ツ星グルメ おやつ 2種のアソート とろ~り(Amazonアソシエイト)』が基本食。水曜日からは自身の足でご飯の場所まで行ってカリカリも食べるようになったという感じ(これも日々調子によってダメな時はあるけども)。

最初のうちは軽く考えていたのだけど、食欲旺盛にカリカリを食べだしたにも関わらずうんこが出ないまま1週間はさすがにマズイと考えて、地元の動物病院に急遽電話予約。

念のため昨日は無塩バターを舐めさせてマッサージ。今日はお昼前にオリーブオイルを舐めさせてマッサージしてたのだけど、こういうのはすぐに効果が出るわけでもないのでなかなか厳しい。

さて。本日夕刻に診断を受けた結果なのだけど、あげさんのお腹を触診してる先生曰くは「小さいのは多少あるようだけど、そもそもうんちが溜まってない状態ですね」とのこと。

週始めはちゅ〜る系だけ食べていたから、ほとんどうんこは溜まっていなかったらしい。溜まりだすのはこれからになるようだけども、触った感触では結構硬いので、このままいくとやはり排泄するのがキツイ可能性はあるだろう的な。

Advertisement

というわけで、念のため『リフォロース』という飲み薬を処方してもらった。これを投与すると、柔くなって排泄されやすくなるそうだ。1日2回(朝晩)、1回に付き1ccをシリンジで投与、それを2週間分。飲ませ切ることはしなくて良いそうで、排泄がスムースになってきたら一旦止めても良いとのこと。

それにしてもまた薬が増えてしまった。いろいろとしなければいけない投薬等、時間を決めて分散させないとダメだなぁ。

猫の便秘は放置しておくと手術が必要になるくらい大変で、ましてや老猫は体力的に手術できない可能性があって詰むこともあるそうなので怖い。今回の結果は比較的軽いもので、大事に至らなくて本当に良かった。