久しぶりにお好み焼きを焼いた(2019/11/24)

久しぶりにお好み焼きを焼いた(2019/11/24)

昨今のスーパーなどではお好み焼きの簡単キットみたいなやつが売られていて、それを一応は常備している。具材だけ用意すればOKというやつ。

ここのところはずっと鍋料理が続いていたこともあり、たまには別のものでも作ろうということで棚から簡単キットを取り出した。用意した具材は、キャベツ半玉と豚バラスライス。レシピは袋に書いてある通りで進める。

キャベツは千切りしたあと、横にもざっくりと切って細かくする。そうしておくと、水で溶いた粉にも混ざりやすくなる。

焼き上がったら皿に盛って、中濃ソース・マヨネーズ・削り節・青のりを好きなだけトッピングしていただく。冷蔵庫にはからしマヨネーズを常備してたはずなのだけど、古くなって捨てたことを思い出す。

食べている最中に思い出したのは、冷凍庫にむきえびやらホタテやらがあったことだ。これらも具材にすればよかったと、後悔なんぞもしてみたり。

まぁまぁ普通においしかったのだけど、後から思い出すことがいっぱいあって、なんとも中途半端な感じになってしまった。

そういえば、包丁。

少し前に新しくしたのだけど、よく切れる包丁でキャベツの千切りをするのは気持ちよい。道具はやはり、しっかりメンテナンスしておいたほうがよいですわな。シャープナー買ってこないと。