あげさんの2周忌

あげさんの2周忌

アイキャッチ画像は2017/10/29、私が寝ている布団の中に入ってきて一緒にごろごろしていたときのもの。

それにしても早いなぁ。あれからもう2年も経ってしまった。毎日していることは変わらないし、ずっと一緒にいる感覚も変わらないままだ。

今年は1年掛けて粗大ごみを捨てたり部屋の模様替えをする予定にしていて、あげさんがよく利用していたものも捨てることにした。すでに回収してもらったブラウン管のテレビ(テレビの上でまったりするのが好きだったからそれをあえて使っていた)、来週にはキャットタワーも回収してもらうことになる。

物理的な思い出の品とはお別れするけれど、ゴミを捨ててできたスペースには棚を置いて、あげさんのお骨やら写真やらをきれいに並べたい。

今は液晶テレビになってテレビ台の上に物を置けるようになったので、1枚だけあげさんの写真をそこに飾った。たぶん生きていたら、あのスペースでだらーと身体を伸ばして寝ていたのではないだろうか。そんな気がして今でも話かけたりもする。

あげさんとお寿司を食べる

2周忌ということで、いちばん高いお寿司をデリバリーした。まぐろとサーモンの具の部分は先に食べてもらって、それからまったりといただいた。

ゴールデンウィーク開始、最初の祝日にあげさんが虹の橋を渡ったということに関しては、いろいろと考えることがある。どれだけ忙しくてもあの日であれば私が自宅にずっと居ることができたこと。その後がつらくても1〜2日を在宅勤務にしてしまえば、1週間以上誰とも会うことなく心を落ち着けさせることができたこと。とにもかくにも、ぐしゃぐしゃになった私の姿を誰にも見せずに済んだこと。

最後の最後までこちらを気遣ってくれたであろう彼女のことは忘れない。一緒に食べるお寿司は格別においしかった。