カードにやさしく

カードにやさしく

買い物する時の支払いでクレジットカードやプリペイドカードをよく使用するのだけど、素早く「シャッ」とやって読み取りに失敗する店員さんがいる。今日のスーパーの店員さんもそうだったのだけど、気が付いたのは、素早く「シャッ」とやって失敗する人は2回目も同じにやってまた失敗し、カードの裏を確認してまた素早く「シャッ」とやろうとする。

あまりに雑だなと思ったので、今回はそのカード裏を確認してからの3回目に入るトコロで、「ちょっとゆっくりやれば通るんじゃないですかね」と言ってしまった。おかげさまで「シュー」という感じでやってくれたので無事支払い終了。というかですね、人のカードをなんだと思っているのだ。1回目で通らなかったら、2回目は少し速度を下げてみて、とかあるじゃないですか。

少し前に別のお店でも似たようなことがあり、その時は3回目にカード番号を手打ちし始めて「ええええええ」みたいな。もしかしたらこちらのカードがダメなのかとも考えたりするのだけど、特に問題のないケースのほうが圧倒的に多いので、きっと私が悪いわけではなかろう。それともレジの種類によって相性とかがあるのだろうか。

それにしても。素早く「シャッ」を何度も目の前でやられると、カードの磁気部分がすり減って無くなるのではないかと心配になってしまう。別に急かしているわけではないのだから、「シュー」でええやん。カードにもやさしくしてほしい。