ベランダが大好きだったあげさんの話

ベランダが大好きだったあげさんの話

今住んでいるマンションに引っ越してから数年後くらいの話なので、たぶんまだあげさんが4〜5歳くらいだった頃かな。当時フリーでライター業なんぞをしていたのだけど、一緒に組んでイラストを描いてもらってた人がおりました。

その人はもともとホラー系の少女漫画を描いていたのだけど、まぁまぁいつも貧乏で、なにかあったら小遣い稼ぎ程度だとはいえ、お仕事を回すようなことをしており。成果物はなかなか良いと思っていたのだけども、煮詰まると自由になってしまうこともあって、締切が近くなったら我が家に軟禁して作業をしてもらっていたのであった。

その頃のあげさんは当然ぴちぴちで、脱走することはないのだけども「ベランダという外の世界に出ること」がとても大好きで、サッシを開けたら速攻でベランダに躍り出て、身体をコンクリにぐりぐり押し付けて喜びを表現するのがいつものパターン。

それを観ていたイラストレーター。仕事で煮詰まったときに何かしてるな、と思ったらあげさんの喜びの姿を描いていた。それが今回のアイキャッチ画像。どこかにあったはずだとダンボールを漁ってたら出てきたのでスキャンした。これも思い出の一枚である。

全然関係ないのだけど昨日は久しぶりに酔っ払った感があってよく眠ることができて、それを某人に言ったところ「ああ、酔えるようになったんだ!」と言われて「ああw」となった。ここのところ、どんだけ飲んでも酔わなかったんだよねぇそういえば。

昔描いてもらったあげさんのイラストを観てにやにやしてる。なんだかすごく、楽しい気分になっている。