料理系ユーチューバーからやる気をもらった話

料理系ユーチューバーからやる気をもらった話

2019年は2月あたりからいろいろあって、料理をする気がまったく起きない状態になった。カロリー摂取のメインは昼食となっていて、夜は食べるかどうか。食べないこともあるな。

朝食は食べない生活なので、1日1.5食くらいかもしれない。おかげさまで鉄分が足りないことを自覚する昨今で、さすがにそれはまずいと思ったので、鉄分が摂れるという飲むヨーグルトを冷蔵庫に常備した。

YouTubeはお酒を飲みながらよく観ているのだけど、最近になってオススメに上がってきた料理動画を公開している人を知った。はるあんちゃん。いつもは食レポ系をメインに観ているのだけど、それで「Googleが料理動画をリコメンドしてくるのはなんでじゃろ」という感じで数本を観たのだけどハマってしまった。

高校生ユーチューバーとして料理動画を出していて、昨年UUUMへ所属することになって今年の4月から大学生。何がハマったって、料理してる姿ががすごく楽しそうで手際よくて作ったものをおいしそうに食べるんだよね。

作ってるものはレシピさえあれば私でも普通に作ることはできるんだ。難しいとは微塵も感じない。でもなんだろう、雰囲気がとても気に入ってしまってそれで観ている気がする。こういうのはまさにセンスの問題なのだろう。

何がすごいって、まぁ私だけかもしれないのだけど、料理動画を観てるだけでこちらも元気が出てやる気が湧いてくるところ。実は面倒くさいことをさらっとやっている箇所もあるのだけど、それを忘れるくらいに動画は進む。「ああ、これやってみようかな」と思ってしまう。

公開時期関係なくで最近観て気に入った動画をとりあえず2本。


ともかくは、日常生活におけるモチベーションを上げるために動画を観ている気がする。何もする気が起きないときに元気の出るような外部刺激があるというのは、とても良いことなのだろうな。

とても良い配信者に出会った気がする。