長期テレワークの状況でYouTubeの利用方法が変わった

NO IMAGE

AmazonでFire TV Stick 4Kを購入して、テレビでネットサービスを利用するようになった。テレワーク中はSpotifyで延々と音楽を流していたりする。

仕事で利用しているMacBook Proから娯楽系サービスをテレビ側に移行したので、当然のことながら画面も広く使える。

YouTubeでは食レポ系&料理系の人をメインにしてチャンネル登録していて、リピートも含めてかなりの再生をしていると思う。一度観たかつ丼動画でも、忘れた頃にまた観るくらいには好きなジャンルです。

MacBook Proで観ていると手元ですぐ操作できるので、基本的には10分前後の動画しか観ないし、ともかくは再生時間が短い動画をメインにして観ていた。1時間を超えるライブであるとか、無駄に長そうにみえる20分程度の動画は避けて観ていた気がする。

ところが、現在の「YouTubeや音楽はテレビで流しておく」という状況に変えたら、これが一気に逆転した。1時間以上のライブ動画はラジオ代わりだし、音声が入っていないと観るに気にならなかった食レポ系動画(BGM&挿入されたコメントだけ)の連続再生が、こんなにBGVとして使えるとは。

テレビで流すようになると、短時間のコンテンツが逆にうざい。放っておいたら勝手に延々何かを食べ続けているという動画のなんと有用なことよ。

というわけで、垂れ流し食レポ(メニュー紹介)系動画のオススメ。

おかげさまで、テレビはほとんど観なくなった。アニメ等、録画しているのはあるけれど、それを観るのも忘れるくらいになっている。

音声入りの一般的な食レポ動画は多々あるので、そこは好きなやつをって感じかな。ともかくBGMだけ流れてて、たまに映像を観たらうまそーなやつを食べている、みたいなのがちょうどいい。私の場合は、それに飽きたら渋谷スクランブル交差点のライブ動画を流していたりする。

クソみたいな地上波の報道系バラエティ番組を流すくらいなら、こちらのほうがよほど精神的にも安定します。食レポ系の動画は何が良いって、それを観ることでお腹を空かせたりできることでもあるかな。

好きな映像コンテンツを垂れ流してラジオ的に利用する、ということになるなんて、これまで考えてもいなかった。