牛と味玉の豚角煮丼@松屋

牛と味玉の豚角煮丼@松屋

今日のお昼ごはんは、松屋にて始まった『牛と味玉の豚角煮丼』にした。普通盛りを頼んで650円。

実はリリースを見たときは食べる気が沸かなくてスルーするかも、という感じだったのだけど、券売機の前に立ったらついつい頼んでしまったというパターン。

松屋の看板商品の牛めしのお肉と、とろけるような歯触りの豚角煮、特製醤油で仕込んだ特製味付け玉子を添えた「牛と味玉の豚角煮丼」は、沖縄ラフテー風のご飯のすすむ逸品です。

沖縄ラフテー風「牛と味玉の豚角煮丼」が登場 2019年9月10日(火)10時より新発売|松屋フーズ

正直なトコロではあまり期待していなかったのだけど、豚角煮とそのタレはなかなかおいしくて、この点に関しては良い方向で裏切られた。

ただ、牛めし部分がつゆ少なめの牛めしで、刻みネギの場所は刻みネギ。それぞれ独立している感じがして、商品としてはどうかなぁというのは正直な感想。『ビビン丼』のように混ぜればよいかというと、そういう商品でもないしなぁ。

豚角煮と白髪ねぎとご飯、これを一緒に食べるとすごくおいしい。味玉もいい。だもんで、牛めし部分はいらなかったのではないだろうか。コストの問題はあるかもしれないけれど、豚角煮とタレがおいしいので『味玉のせ豚角煮丼』にすればよかったのではないか。

まぁそうすると値段は上がりそうだけど、どうなのかなぁ。なんだかもったいない気がした。

こうなってくると『豚焼肉と豚角煮のあいもり定食』はどうだろうという感じなのだけど、こちらはメインディッシュが2種類あると考えればよいのかもしれない。次回はこちらを食べてみることにしよう。

というわけで、個人的には丼のリピートはなしかな。リピートするなら『ビビン丼』のほうにすると思う。