ホルモンはなかったけど唐々鍋


昨日の夕食。冷蔵庫の中にはいろいろと材料があったのだけど、白菜が残っているからということで鍋を作ることにはした。ただ一昨日に水炊きをしていたので、他の何かにしようと決めてネット徘徊。

いつもは Cookpad あたりで妥協するのだけど、今回は『毎日鍋でも飽きない!?33種類の鍋レシピ-メールマガジン限定特集 | ピカラタウン』というおもしろいコンテンツを見つけたので、そこから唐々鍋(からからなべ)を選択した。

唐々鍋というのは兵庫県姫路発祥ということらしいのだけど、知るのは初めて。しかもホルモン鍋ということだけど、これって昔からあったのかな……と思って調べたら、1974 年に開発されたらしい1

自宅にホルモンは置いていないので、具材は当然のことながらそれ以外で適当に。今回使ったのは、鶏もも肉・豚肉・大根・白菜・ニラ・えのき・豆腐。食べる少し前にたまごも落として何となくのキムチ鍋風。出汁はレシピからはちみつを抜いて作ってみた。いや、はちみつがなかったからなのだけど、材料を考えたらそれでも喰えるだろうと。そうしてできたのは以下。

食べた感想だけど、これはなかなかうまかった。確かにこれでホルモン入れて煮たら美味しいと思う。きっとはちみつを入れると味が丸くなるのだろうなと想像するのだけど、なくても大丈夫ぽい(でも次回やるなら入れてみる)。

辛さの調整は豆板醤でやるのがきっと簡単。今回の辛さは、例えると何だろうな……Cook Do の『四川式麻婆豆腐(中辛)』に比べたらそうでもない的な感じかな。逆にわかりにくいか。〆にはラーメンが合いそうな気がするけど、それも今回はなし。ラ王の袋麺が残ってたから、やれば良かったかもしれない。次回やるなら入れてみよう。

それにしても、このサイトの特集は拾い物だった。名前を知ってる鍋でも出汁のレシピは知らなかったりするし、結構ありがたい。いつもの鍋に飽きてきたら、またここから何かをチョイスして作ろう。

  1. 唐々鍋 – Wikipedia』を参照のこと。 []