ありもので水炊き(2020/10/12)

ありもので水炊き(2020/10/12)

作る気は起きないけどお腹は空いて、みたいな状態でうだうだしていたのだが、冷蔵庫内の白菜は食べないとなので水炊きを作ることにした。

具材は白菜・豚こま肉・豆腐・えのきの4種類だけ。出汁はほんだしをベースに、酒と塩と砂糖のみ。豆板醤を入れたポン酢で食べた。ほうれん草があれば常夜鍋にしたのだけどなぁ……などと思いつつ、次回はほうれん草と豚バラ肉を買ってくることに決めた。

そういえば、まだ今季はピェンロー鍋もやっていない。こちらも近いうちに作ろう。

それにしても。

鍋物を作るにあたりは「アレいれてコレいれてそれもこれも」みたいに考えてしまいがちである。どうしても分量が多めになるので、それが脳内にあるとちょっと食べたいときの選択肢から消えてしまうのだな。

昨日は自身の思考がそうだったことに気が付いて、「いやいや白菜と肉だけでええやん」というように切り替えることできた。とりあえず食べるのであれば、そんなもんでよいのだよなぁ。今回は余っていたえのきと豆腐も追加して、少しだけかさ増しという感じになった。