MacBookの電源プラグがクラッシュした

Pocket

未だに使っている2007年のMacBookなのだけど、本体よりも電源アダプタに付いてる着脱式の電源プラグにひびが入っていたことは気になっていた。そうして本日、コンセントから抜こうとして引っ張ったらこれです。

壊れた電源プラグ

プラグの歯の部分だけがコンセントに刺さったまま分裂してクラッシュ。さすがに、いつかこうなるであろうことは予測していたので慌てず騒がず。そして某社から撤収したその足で、渋谷のアップルストアへ。銀座線で座ることができたとか奇跡。

クラッシュした電源プラグをスタッフに見せたら、急ぎかどうかを聞かれたのだけど、急がないなら部品を修理扱いすることになってかなり待たないとダメだということで、代用品(iPadの電源アダプタ)を購入することに。修理扱いにするなら980円、代用品購入なら1,980円。

ちなみに代用品と書いているけど、使うのは当然電源プラグ部分だけです。iPadは持ってないから、電源アダプタはオブジェにしかならないな。

そんなわけで待ち時間を1,000円で買ったわけですが、何で木曜日なのにアップルストア混んでるんですか。みんな大変だな。