スタミナ源たれで肉野菜炒め

Pocket

先日適当に観ていたテレビ番組にて『スタミナ源たれ』という、これまで聞いたことのない調味料が紹介されていた。大阪から上京してきて北海道東北方面には行ったことのない私としては、未知との遭遇。

紹介を聞いていたら青森では普通に使用されてる調味料(ソウルフードならぬソウルソース)だそうで、用途を聞いていたら、かなり万能っぽいことがわかった。というわけで、すぐさまAmazonにて注文。猫砂を買う予定もあったからついでなのだけど。

テレビ番組では肉野菜炒めを作るとき材料に下味を付けないと言っていたので、切っただけの豚バラ肉と玉ねぎとキャベツを油で炒め、後から『スタミナ源たれ』を投入してさらに炒めてできあがり。

スタミナ源たれで肉野菜炒め

食べてわかったんだけど、肉に塩コショウなどしていたらかなりしょっぱくなりそう。で、どのような感じかというと……『下味をつけた肉と切った野菜を炒めて中華だしなどを追加、仕上げにオイスターソースを入れた肉野菜炒め』と『甘口のエバラ焼肉のタレを使った肉野菜炒め』の中間的な味だった。

これならば、どちらかというと西日本舌の私でも美味しくいただけますね。検索して調べてみたら、焼肉はもちろん唐揚げの下味として使っても良いらしい。いやぁ、こんな便利な調味料があったとは。もっと早くに教えてくれたら良かったのに(誰に書いてるんだ)。

今度買うときは、もう少し容量のあるやつにしよう。