仕事を休んで高尾山へ行ってきた

仕事を休んで高尾山へ行ってきた

先週末に仕事でとあるプロジェクトの対応業務を行ったのだけど、その代休みたいなものをいただくことになった。どうせなら、「天気が良さそうな日にドラゴンクエストウォークの高尾山のおみやげでも取りに行こう」などと決めたのが今日。

昨日の火曜日は雨模様だったのだけど、夜間に調べた限りでは天気は回復。そうして朝、目が覚めたらば快晴。高尾山に行かねば。

シャワーを浴びて用意をして最寄りの駅へ向かい、まずは朝マックを食べた。そうして1時間ほど電車に揺られて高尾山口駅に到着。

京王線高尾山口駅

上りはリフトを利用してショートカットする。片道料金は490円。天気が良かったものだから、木々から漏れる日光が気持ち良い。リフトに乗るのは数年前にスノーボードをしに長野県へ行った以来かな。

高尾山リフト乗り場
リフトからの風景

リフトから降りて展望台のある場所から景色を眺め、『たこ杉』を通り過ぎると『浄心門』が現れる。

高尾山の道中から観る景色
根っこがタコの足のような『たこ杉』
浄心門

『薬王院』への道中、道が『男坂』と『女坂』の二手に分かれる。前者は108段の階段を登るキツイやつで、後者は比較的緩やかな上り坂。私は『男坂』を選択して階段を登った。『女坂』は下山時に利用。

108段の階段がある『男坂』

坂の合流地点から少し歩くと薬王院の入り口がある。これをくぐると右手には有名な天狗像(アイキャッチ画像)。お店もあるけどスルーして、どんどん進む。

薬王院の入り口

薬王院は『大本堂』と『飯綱権現堂』に分かれているが、どちらにも龍の彫刻があって、これが個人的にはかなりお気に入り。彩色彫刻で有名な『飯綱権現堂』に目を奪われるのだけど、私は『大本堂』正面にある龍の彫刻が大好きなのです。はじめて連れて行かれたとき、延々と眺めていた記憶がある。

薬王院『大本堂』の龍
薬王院『飯綱権現堂』の龍

山頂に着いたのはお昼過ぎ。一通り景色を眺めて、半分だけが赤くなった紅葉を見上げた。もう少し紅葉は進んでいるのかと思っていたけれど、まだシーズン前だったらしい。最近の天候はおかしすぎるので、季節の感覚が掴めないでいる。

高尾山山頂で紅葉を観る

さて、今回の目的の1つであったドラゴンクエストウォークのおみやげイベント。高尾山山頂はこんな感じになっている。堀井雄二氏の(ゲームの)自宅があると聞いていたが、アカウント名を失念してて(しかも調べるの面倒だったから)わからんかったのは内緒。

ドラゴンクエストウォークの高尾山おみやげイベント

目的達成の後は下山してお昼ごはんのそばを食べ1 、自宅に戻ると見せかけて浅草まで行ってきた。浅草寺にもドラゴンクエストウォークのおみやげイベントがあるので、一気に終わらせるスタンス。京王線から井の頭線経由して銀座線。おかげさまで、東京のおみやげイベントは自力でコンプリートした。

それなりに歩いた気はするのだけど、iPhoneのヘルスケアアプリで確認したら、約17,000歩程度しかカウントされていなかった。もうちょっと歩いた気がするのは、やはり登山したからなのだろう。

それにしてもゲームがきっかけとは云え、また高尾山へ登るとは思っていなかった。天気が良くて本当に気持ちよかった。駅に着いたら帰りの電車も3分後に出発する特急で、いろいろなことがとてもスムースに進む良い日であった。

また思い出したら、龍の彫刻を観に行こう。

  1. 天麩羅せいろ@髙橋家 │ 脳無しの呟き《土鍋と麦酒と炬燵猫》』を参照して下さい。 []