六本木ヒルズ方面から散歩して帰宅する

六本木ヒルズの夜景
Pocket

昨日に引き続き、お散歩して帰ろうシリーズ。本日は某所より六本木ヒルズ方面へ向かい、青山墓地を抜けて帰るコース。最近は風が涼しくて本当に気持ち良い。

六本木ヒルズにはお付き合いのある某企業が入っていて何度か訪問したこともあるのだけど、傍から眺めるのであれば国立新美術館側から見える夜景が好きだったりする。

写真を撮ったあとは青山墓地のど真ん中を突っ切って表参道へ向かうのだけど、Apple Store前付近の歩道で大量に座っている(おそらくは)中国人の群れはなんだいったい。改めてアジア系の人が本当に増えたよなぁということを実感するが、さすがに年齢層は東京タワー方面に比べると若い気がした。

原宿の交差点では、信号待ちしているきれいなお姉さんに声を掛ける小汚いスカウトを鑑賞。「今はお金にならないかもしれないけれど、ここで顔を売ればモデル業としても云々」とか。本当かどうかわからんのはさておき、まずはその小汚いカッコをなんとかしないとダメなのでは思いつつ、ああいうのでもコロッと行ってしまう娘はいるのだろうなぁとか……いや、ああいうのがもしかすると「それっぽい」のか。よくわからん。

そうして今日も最寄り駅付近のスーパーで買物をして帰宅。歩行距離は約7kmということで、東京タワー方向から回って行くよりは3kmほど短い。六本木ヒルズ方面は大きな公園も多く緑を観る時間が長いので、日中に歩くならこちらの方が断然良さそう。日が落ちてからの散歩は単純に歩行距離をどうするか、だけかな。

そういやぁ昔、友人の運転する車に乗って某所へ向かう途中に通過した青山墓地にて足を引っ張られたという話を思い出したのだけど、徒歩で抜けるときはそういうのないのよね。みたいな。