ミートソースとアスパラガスと茄子のペンネグラタン

ミートソースとアスパラガスと茄子のペンネグラタン

いただいたアスパラガスで作る料理の最後は、『ミートソースとアスパラガスと茄子のペンネグラタン』です。

フライパンにオリーブオイルを入れて熱し、少量のにんにくを軽く炒めてから200gの豚ひき肉を入れてさらに炒める。粗挽き黒こしょうと塩、炒め終わる頃にトマト缶をぶっこんで煮えてきたら、オレガノとチリパウダーも入れて混ぜる。

そうして、乱切りにして水で晒してアクを抜いた茄子を混ぜ合わせて弱火でまた炒める。ペンネは塩多めで別途時間通りに茹でるのだけど、終了1分前に切ったアスパラガスを投入して一緒に茹でた。

茹で上がったペンネとアスパラガスもフライパンに投入して中弱火で炒め合わせ、耐熱皿に盛ってとろけるチーズとパン粉をふりオーブンへ。チーズが溶けてパン粉に色が付いたら取り出して、パセリを振りかけて出来上がり(アイキャッチ画像)。

ミートソースに茄子を合わせて炒める
茹でたペンネとアスパラガスも追加して炒める
耐熱皿に具材を乗せてとろけるチーズとパン粉を振りかける

一緒に食べるのはスーパーで買ってきたバゲット。サラダも作れば良かったと思ったのは後の祭りで、まったく忘れていた。それにしても今回作ったアスパラガスの料理で、これがいちばん美味しかった気がする。ひき肉は牛肉のほうが良かったかもだけど、買っていたのが豚ひき肉だったのでそれを利用。茄子と合わせるから豚ひき肉で良かったとは思う。

気分的には休日のランチみたいな雰囲気もあるのだけど、まぁともかくは美味しかった。ぶっちゃけた話、アスパラガスがなくてもまったく問題ない(身も蓋もない)。

ミートソースに関しては、チリパウダーを入れて少しだけ辛くするのが好きだ。茄子とか他の具材は入れないでみじん切りの玉ねぎと大豆の水煮なんぞを放り込むと、お手軽チリコンカン風にもなる。書き出すと面倒臭そうに見える料理ではあるけれど、作り始めたら意外とそうでもないというのも良い。

そんな感じですが、次回からはアスパラガスなしの普通の晩ごはんになるです。