豚丼(2019/06/24)

豚丼(2019/06/24)

月曜日の晩ごはん。作ったのは豚丼だけど、彩りに緑が欲しかったので土佐甘とうも使った。豚丼の場合は焼肉用の豚バラ肉を使いたいのだが、なかったので豚こま肉で代用。2人前として用意したのは以下。

  • 豚こま肉 200g(1人前の分量ですわな/やっぱ焼肉用がいい)
  • 土佐甘とう 3〜4本(ヘタと種は取って適当な大きさに切る)
  • 酒 大さじ4
  • みりん 大さじ4
  • 醤油 大さじ2
  • 砂糖 大さじ2
  • すりおろしにんにく 小さじ1(チューブ可)
  • ごま油 適量
  1. 酒・みりん・醤油・砂糖・すりおろしにんにくを混ぜ合わせておく。
  2. フライパンにごま油を入れて熱し、豚肉を中強火で炒める。
  3. 豚肉が焼けたら1の調味料を投入して、絡めながら中火で炒める。調味料の分量が少し減ってきたあたりで、土佐甘とうも投入。
  4. 材料を混ぜ合わせつつ調味料を煮詰めていく。
  5. 汁気が減ったら火を止めて、丼に盛ったご飯の上にも盛り付ける。余った調味料は具材の上からかけてできあがり。

豚こま肉の分量が少なかったのは残念。もっと買っておけばよかった。ただ、味は軽い甘めな感じでなかなか良かったと思う。他に用意したのは、昨日作って残っていたキャベツとマカロニとスイートコーンのサラダを利用して、さらにレタスとミニトマトを追加したサラダ。それから、豆腐とアオサの味噌汁。

豚丼に話を戻すと、土佐甘とうはピーマンに変えても良いだろうし、むろん豚肉だけにして食べる時に刻みネギやグリーンピースをかけても良いし(こっちが普通ですか)。豆板醤などを混ぜればピリ辛になるだろうし。なんとでもなりますね、これ。

そうそう。豚肉に軽く片栗粉をまぶしてから焼けば調味料がよく絡むので、手間を惜しまない方におかれましてはオススメかもです。

ちなみに土佐甘とう。新鮮なうちなら種は取らないで、そのまま焼いて食べても大丈夫。見た目はでかい青唐辛子なのだけど、味は苦味がほとんどない、やや甘みのあるピーマンみたいな感じ。焼き物に使うとカサ増しにもなるから、私は結構好きです。

あー、しかし。今度作るときは、絶対に厚めの豚肉を用意しよう。