鶏もも肉のチリソース炒めエスニック風(2019/07/17)

鶏もも肉のチリソース炒めエスニック風(2019/07/17)

辛いものが食べたくてチリソースを買ってきていたのだけど、それを使った昨日の晩ごはん。『鶏もも肉のチリソース炒めエスニック風』です。

参考にしたレシピは『ご飯がすすむエスニック風鶏肉のスイートチリソース炒め | 楽しいキッチン*spice-cooking*』になります。オリジナルのレシピでは手羽中を使っているのだけど、私は冷凍庫に眠る鶏もも肉を使用。

  • 鶏もも肉 1枚
  • 塩 少々
  • こしょう 少々
  • 片栗粉 大さじ1.5
  • 玉ねぎ 1/4
  • パプリカ 1/2
  • 万願寺とうがらし 3本
  • ★チリソース 大さじ2.5
  • ★ナンプラー 大さじ1
  • にんにく 2片
  1. にんにくはうすくスライス。玉ねぎは細めのくし切り。万願寺とうがらしは半分の長さで切り、さらに縦半分。種とわたを取って縦に細切り。パプリカは1cm幅で縦に細切り。
  2. 鶏もも肉を大きめの一口大にそぎ切りしてボウルへ入れ、塩とこしょうをふりかけてまんべんなく揉み込む。5分ほど寝かしたら片栗粉をまぶす。
  3. サラダ油とみじん切りにしたにんにくをフライパンに入れて中火にかける。にんにくに軽く色がついたらいったん取り出す。2を入れて、両面を中強火で焦げ目がつくかつかないか程度に焼いて、野菜を投入してにんにくも戻し入れてさらに炒める。
  4. 玉ねぎが透き通ってきたら火を止めて★の調味料を入れる。材料を混ぜ合わせたら、弱火にして蓋をして5分程度蒸し焼きにして完成。

オリジナルのレシピと違うトコロのもう1点は、にんにくを使ったこと。チリソースやナンプラーは冷蔵庫に残りがちなのだけど、こういう料理を作っていればすぐなくなりそう。味に関しては思っているほどは辛くない(個人比)。ただ、食べている途中で汗をかくので、やはり夏向きなレシピ。

他に用意したのは、レタスとトマトとヤングコーンのサラダ・野菜のコンソメスープ(ズッキーニ/玉ねぎ/にんじん/大根を小さくダイス状に切って入れた)。

ちなみに万願寺とうがらしはオリジナルレシピに書いていたのと、冷蔵庫に在庫があったので使ったけども、これは普通のピーマンでもよいと思う。というか、万願寺とうがらしを常備してる家庭はどれくらいあるだろうという疑惑が。

さて。この手の料理でさらに辛さを求めるなら、青唐辛子でも使うとよいのかな。入れたら一気に辛さは増すと思うけど、ちょっとやってみたい気はしている。