バジルが手に入ったのでガパオライス(2019/07/22)

バジルが手に入ったのでガパオライス(2019/07/22)

昨日の晩ごはんは、前回のリベンジ1 でガパオライスを作った。

バジルの葉、地元スーパーでは売っていないと思っていたのだけどそうではなくて、すぐに売り切れるようだ。もうちょっと並べてくれていたらよいのにとは思ったけども、そこはまぁいろいろあるのだろう。

というわけで、今回も2人前分を作った。

  • 合い挽き肉 240g(1パック分)
  • 玉ねぎ 1/2
  • パプリカ 1/2
  • ピーマン 2個(前回のレシピに追加)
  • バジルの葉 10枚くらい
  • にんにく 1かけ
  • 豆板醤 大さじ2(前回の倍にしてみた)
  • ★ニョクマム 大さじ1
  • ★醤油 大さじ1/2
  • ★オイスターソース 大さじ1(前回の倍)
  • ★砂糖 小さじ1(これも前回の倍)
  • 玉子 2個
  • 塩こしょう 適量(目玉焼きにふりかける)
  • ごま油 適量(炒め用)
  1. 玉ねぎとにんにくをみじん切り。パプリカとピーマンは2cm角程度に切る。バジルの葉はざっくり2〜3cm幅で切っておく。
  2. ★の調味料を器で混ぜておく。
  3. フライパンにごま油を引いてみじん切りのにんにくと豆板醤を入れて中火。香りがたってきたらみじん切りの玉ねぎを投入して炒め、色が変わってきたら合い挽き肉を追加。合い挽き肉に火が通ったら、パプリカとピーマンも追加して炒める。
  4. ★の調味料をフライパンに加えてさらに炒め、バジルの葉も投入。全体を混ぜ合わせて炒め終わったら火を止める。
  5. お皿へご飯と一緒に盛り付ける。空いたフライパンで目玉焼きを作り、それをさらにトッピングして完成。

調味料の分量を変更して豆板醤を増やしたら、結構辛くなった。大さじ1だとピリ辛くらいだったのが、倍にするだけで辛さはそれ以上になる。次回以降作るなら、豆板醤は大さじ1強くらいにしておくのがよいかなぁ。もうちょっと調整して味を決めたいトコロ。

他に作ったのは、ブロッコリーとえびとゆで卵のサラダ。塩ゆでしたブロッコリーと解凍した冷凍えびを、にんにくを入れたオリーブオイルで炒めて塩こしょう。半分に切ったゆで卵も添えて冷蔵庫で冷やしておいた。

ロッコリーとえびとゆで卵のサラダ

サラダに関してはできたてで温かいほうがよりおいしいのだろうけど、圧力鍋で炊飯も行うので同時進行が難しい。だから、先に作って保存という形となった。台所も狭いしなぁ。こればっかりはどうしようもない。

ところでバジルの葉を使った感想だけど、ガパオライス的にはこちらが正解かもしれないが、もしかするとパクチーの方がよかったかもしれないという個人的な結論に。地元スーパーでもパクチーのほうが手に入りやすいし、今後は手に入るものでそれなりに作る方向かな。

  1. バジルの代わりにパクチーを使ったガパオライスもどき(2019/07/03) │ 脳無しの呟き《土鍋と麦酒と炬燵猫》』を参照して下さい。 []