豚こま肉ときゅうりの香味炒め(2019/08/15)

豚こま肉ときゅうりの香味炒め(2019/08/15)

きゅうりはいつも副菜で使うパターンが多いので、たまにはメインにしてなにかを作ろうかと。

というわけで、昨日の晩ごはんは、『豚こま肉ときゅうりの香味炒め』にした。参考にしたレシピは。『豚ときゅうりの香味炒め | コウ ケンテツさんのレシピ【オレンジページnet】』です。

  • 豚こま肉 230g(1パック)
  • きゅうり 1.5本(残っていたもの全部/オリジナルでは2本)
  • ごま油 適量(炒め用)
  • 塩 小さじ1/2
  • ★にんにくすりおろし 小さじ1
  • ★しょうがすりおろし 小さじ1
  • ★醤油 大さじ1
  • ★砂糖 小さじ1/2
  • ★日本酒 小さじ1/2
  • ★ごま油 小さじ1/2
  • ★白すりごま 小さじ1/2(オリジナルでは白いりごま)
  • 酢 小さじ1
  1. きゅうりを1本を4等分の大きさに切り、さらに縦4等分にする。ボウルにきゅうりを入れて塩をふって軽くもんで5分ほど放置。その後キッチンペーパー等で水気を切って、別皿に。
  2. 豚こま肉を小さめの一口大の長さに切り、★の材料を混ぜ合わせて入れたボウルに入れて揉み込んで5分ほど放置。
  3. フライパンにごま油をしいて中火で熱し、2をタレごと投入してほぐしながら炒める。
  4. 豚こま肉の色が変わってきたら、きゅうりも入れて炒め合わせる。きゅうりがしんなりしてきたところで酢を入れて混ぜ合わせたら完成。

きゅうりを炒める料理というのはほとんどやったことがないのだけど、オリジナルレシピでの紹介にもある通りで、「食感が新鮮な夏の炒めもの」という感じ。酢が少ないようであれば、小さじ2にしてもよさそう。

他に用意したのは、ブロッコリーのからしマヨ和え・茹でオクラのおかかがけ・豆腐となめこの味噌汁。ちなみに、からしマヨの比率はブロッコリー1房分として以下。

  • マヨネーズ 大さじ3
  • からし 小さじ1
  • 塩 少々

ブロッコリーは茎も食べるようにしているのだけど、世間の人はどうしているのだろう。レシピ的に茎を使わない場合は皮を厚めに落としておいて、ジップロックして冷凍している。こちらはスープで使うようにしたり、炒め物のかさ増しで使ったりするな。

それにしても、今回は緑だらけの晩ごはんであった。ブロッコリーからしマヨ和えにトマトも入れたらよかったと思ったのは、テーブルに並べたあとであった。