まぐろとサーモンの漬け丼(2019/08/29)

まぐろとサーモンの漬け丼(2019/08/29)

毎月29日はあげさんの月命日ということで、彼女が大好きだったまぐろとサーモンの刺し身を使った『まぐろとサーモンの漬け丼』を作った。

調理前にお供えをしておいて、その間にタレを作る。

  • ★醤油 3
  • ★みりん 1
  • ★日本酒 1
  1. ★の分量は比率。今回は、醤油を90ccとしてほかを30cc。合計150ccにして混ぜ合わせておいた。
  2. 1を鍋に入れて火にかけて沸騰させる。沸騰したら30秒ほどそのまま煮立てて火を止め、冷めるまで放置。
  3. 2に刺し身を漬け込んで30分以上放置する。

盛り付けに関しては、丼に盛ったご飯にタレを少しかける。その上に刻み海苔をしいて1枚大葉を乗せ、タレに漬けたまぐろとサーモン。白ごまをかけて刻んだ大葉を乗せ、練りわさびを丼のふちに少し添えたら完成。

煮立ったタレに少しごま油を入れてもよさそうだけど、今回は入れなかった。

他に用意したのは、豆腐となめこの味噌汁・きゅうりの浅漬け。

毎回月命日は刺し身のまま食べていたけれど、漬け丼も簡単でおいしいし洗い物が少なくてよい。手間をかけるなら、とろろを作ったりするのもよさそうだけど、まぁそこまでは。

2017/04/04のあげさん

お寿司を買ってくると全力で鳴いて、サーモンをねだるあげさんを思い出す。鳴くけれども勝手に取って食べるようなことはしない、とてもかわいい娘だった。サーモンを小さくちぎって手の上に乗せて顔の前に出すと、喜んで食べてくれた。

おかげさまで存命中、家で食べるサーモンの握りは、上の部分だけがいつも半分くらいだった。今は同じ量を一緒に食べている。