アスパラガスチャンプルー(2020/06/12)

アスパラガスチャンプルー(2020/06/12)

アスパラガスでなにか作るよシリーズ。先日YouTubeを観ていたら、おすすめとして『沖縄人が作る本気のゴーヤーチャンプルー【調理時間約10分半】 – YouTube』というのが現れた。これがなかなかに美味しそうだったので、ゴーヤーではなくアスパラガスを使ってチャンプルーを作ってみることにした次第。

動画を参考に、2人前換算で作る。具材の分量は元ネタと比較しても多めになっている。

  • 木綿豆腐 1丁
  • 豚バラ薄切り 150g
  • アスパラガス 6本
  • 塩 小さじ1
  • 水 100cc
  • ほんだし 小さじ1.5
  • 醤油 小さじ1
  • 卵 3個
  • 削り節 適当(お好きに)
  1. 木綿豆腐はキッチンペーパー等で巻いて、軽く重しをして水分を切る。少し大きめのブロック状に切って、焼色が付くまで炒める。炒めたら別皿に移しておく。
  2. 豚バラ肉は適当な大きさに切る。アスパラガスは根本を落として、硬い皮の部分はピーラーで剥いて4等分する。これらを塩で炒める。
  3. 2にある程度火を通したら水を入れ、ほんだしと醤油を追加してさらに炒める。
  4. 3に木綿豆腐を戻して炒め合わせる。
  5. 具材を炒めたら、ざっくり溶いた卵を玉子とじの要領で全体に流し入れ、蓋をする。
  6. 器に盛って削り節を盛ったら完成。

さて、おわかりになったであろうか。削り節を使うのを忘れたw あとから思い出してちょっとショック。

チャンプルーというのはこれまで作ったことがなかったのだけど、とても簡単な料理だったと知ることができたのが収穫。味の方は文句無しでおいしい。

動画で語られてはいたのだが、「肉とかはもう好きなの入れたらいいです」ということで、「ああ、自由なんだなぁ」などと思ってみたりもした。スパムじゃないと、みたいな話ばかりを聞いていたので、「なんだよそんなのどうでもええんやん」となった。

本来であれば島豆腐を使うとのことだけど、こればかりは都内の普通のスーパーでは手に入らないから仕方ない。

初めて作ったわりにはそれなりの出来になったので、結構満足もできた。これは自身の通常レパートリーとして覚えておこう。