鰻丼とアスパラガスの味噌汁(2020/06/09)

鰻丼とアスパラガスの味噌汁(2020/06/09)

アスパラガスで何か作るよシリーズ。今回は『豆腐とアスパラガスの味噌汁』。メインは鰻丼で、きゅうりの浅漬けも作った。

アスパラガスの味噌汁の出汁は、ピーラーで剥いて保存してあるアスパラガスの皮を利用。だいたい10本分くらい。2人前換算で水は通常より多めにして(うちでは440ccくらい)、水の色が変わって香りがしてくるまで煮る。

ベースができたら少しだけほんだしを追加して、豆腐と斜め細切りにしたアスパラガスを入れて煮えたら火を止めて味噌を溶く。

昨年作ったときは6本分の皮を使用していたのだけど、今回のように増やすとさらに香りが強くなって良い感じだった。

ただやはり、一気にどかんを使ってしまうと1回で終わってしまうので、これからは適量を分割して使うことにする。こんなにおいしいの、1回で終わらせてはならぬ。

ちなみにメインの鰻丼だけど、スーパーで買ってきた蒲焼きは「最初から絡めてあるタレは水洗いして落とす」と良いと知って、それを試してみた。水洗いしてタレを落としてから(残った水分はキッチンペーパー等で拭き取る)、フライパンで酒を大さじ1程度振って蓋をして蒸し焼き。

いやぁ、ちょっとした手間を掛けるだけで結構仕上がりも変わるんだなぁ。水洗いはしたことがなかったのだけど、今後は手間を惜しまないようにしたい。