鶏もも肉と長芋のガリバタ炒め(2020/07/03)

鶏もも肉と長芋のガリバタ炒め(2020/07/03)

鶏肉でなにか作るにあたり、まだ自炊したことのないものでも作ろうということで、レシピサイトの徘徊。目に止まったのは、『ガリバタ香る 長芋と鶏肉の炒め物 作り方・レシピ | クラシル』でありました。

冷蔵庫の野菜室には長芋もあったので、これに決定……なのだけど、先に書いておくと「ああ、やっぱクラシルのレシピだったわー」という感想です。

クラシルのレシピって、全般的に味が薄めなのです。だから、今回のような濃いイメージのある料理だと、実際に口にしたときとのギャップで余計に「おろ?」ってなる。

いや、作ってる途中では「こんなもんかね」というのがですね。オリジナルでは以下のような感じ。

  • 鶏もも肉 200g
  • 塩こしょう 少々
  • 片栗粉 大さじ1
  • 長芋 100g
  • ピーマン 1個
  • パプリカ 1/4個
  • ★醤油 大さじ1.5
  • ★砂糖 大さじ1
  • ★すりおろしにんにく 小さじ1
  • ★バター 15g
  1. 長芋は皮をむいて5mm幅に切る。ピーマンとパプリカは乱切り。
  2. 鶏もも肉を小さめの1口大に切って、塩こしょうで下味をつけたら片栗粉をまぶす。
  3. フライパンに油をしいて中火で2を炒める。しっかり焼いたら皿に取り出す。
  4. 油の残ったフライパンで長芋を炒め、焼き色をつける。ピーマンとパプリカも合わせて炒めて火が通ったら、皿に取り出す。
  5. フライパンに★の調味料を入れて煮立たせ、3と4を戻してタレに絡めて完成。

基本的はおいしいのだけど、先にも書いたとおりで私としては若干味が薄い。でまぁ、以後作るならどうすればよいのか考えてみたのだけど、長芋にも塩こしょうするのがよいのかなぁと。なんかこう、オリジナルだと野菜が「素材の味そのままでーす」って感じになってしまう。

だもんで、次回作るなら少しアレンジしてみる、という結果になりました。レシピは簡単で覚えやすいので、忘れた頃にはリベンジしたい。

ちなみに他に用意したのは、レタスとトマトとヤングコーンのサラダ・きゅうりの浅漬け・油揚げとわかめの味噌汁でありました。