あさりごはんを炊く

スーパーで旬のあさりが安くなっていたので1パック購入。買ったときは酒蒸しにするか味噌汁にするか程度にしか考えていなかったのだけど、1晩砂抜きしている間に考えは変わり、あさりご飯を炊くことにした。あとからもう1パック買っておけば良かったとは思いつつ、具を増量させるためにエリンギも追加してみたり。

★土鍋で炊くあさりご飯(2人前)

  • あさり 1パック(250g くらい)
  • 米 2合
  • しょうが 1かけ
  • 酒 100cc
  • だし昆布 15cm くらい
  • 薄口醤油 小さじ2
  • 塩 小さじ 1/2
  1. 米を研いでざるにあげて水切りしている間に、あさりを酒蒸しにする。小さな鍋に酒と砂抜きしたあさりを入れて蓋をし、中火で煮てたまに鍋をゆする。貝がすべて開いたら火を止め、別の器にあさりだけを取り出しておく。
  2. 酒蒸しして残った出汁に薄口醤油と塩を入れて混ぜ、計量カップに入れる。計量カップに水を追加して米を炊く分量(今回は合計で 440cc)にしたら、土鍋に米とだし昆布を入れてそれを1時間ほど吸水させる。吸水中にエリンギ(短冊切り)としょうが(千切り)を用意する。あさりは身だけ取っておく。

  3. 米の吸水が終わったらエリンギを入れて炊く1

  4. 炊きあがったらだし昆布は取って、あさりとしょうがを入れて混ぜて出来上がり。

上記だと若干味は薄めかと思うので、濃い目が良ければ醤油の分量を少し増やすのは良いかも知れない。調味料を増やしても、最終的な分量は同じになるように。食べる段階で味が薄いと感じるなら、塩を少しだけ振り掛けるとかでも可。本当なら切った万能ねぎでも散らしたかったところだけども、あいにく切らしていたのでそれはなし。

ちなみに炊き込みご飯を作る前、先になめたけとかぼちゃの煮物も作っておいた。メインの味が薄めだったので、ちょうど良い副菜になった気がする。次回作るときはあさりの分量を増やしたい。エリンギもおいしかったけど、まぁそんな感じ。

  1. 土鍋での炊き方は『土鍋や文化鍋での炊飯について | 脳無しの呟き《土鍋と麦酒と炬燵猫》』を参照のこと。 []

WordPress のカスタマイズに明け暮れるのだけど

公開できる段階まで持って行ってカスタマイズは後回しにしていたのだけど、ここ数日は細かい部分の調整でうんうん唸っております。そもそもデザインの部分からかなり悩むことになっており、PC 用のデザインとスマホ用のデザインは別のテンプレートを利用。少ないながらもいろいろ試した結果は、PC 用に “Weaver” というテンプレートを使いスマホ用に “Yoko” を使うということで落ち着いた。

テンプレートの切り替えは Mobile Detector というプラグインを利用して、”Yoko” をスマホ関連に割り当て。”Yoko” のカスタマイズは WordPress の管理画面からではなく、ターミナルから各種ファイルの修正を Vim で開いて編集するという感じ。これに慣れておけば、インストール後の採用前の(メインとなる)テンプレートに必要な記述を追加してから変更できるし、あまり無駄がない。

それにしても思うのだけど、WordPress のカスタマイズは面倒だ。PHP ありきで記述されているので、慣れていないと難しいと思う。どこか特定の場所に何かしらの記述を追加するにしても、表示後の HTML ソースを見ながらテンプレートでの該当箇所を探すことになるわけで、なかなか大変。WordPress の書籍やカスタマイズ系情報を掲載しているサイトが流行るのもわかる。目先のことはプラグインでどうにかなるし、カスタマイズに時間を取られてたくなければこちらの方が確かに便利だし。

ところで以前の話になるのだけど、はてなでブログを公開する前は、実は Movable Type を利用したブログを運営しておりました。そちらはかなりカスタマイズして利用してはいたのだけど、当時のことを考えるに、カスタマイズする楽しさを味わうなら断然 Movable Type だなという意識が強まってきたりも。Movable Type では独自の変数を利用してテンプレートを作るのだけど、それに慣れたらかなり直感的で普通に HTML を記述しているのと大差ない感じになる。自身でテンプレートを作るなら WordPress より Movable Type の方が楽だとも思う。

そういうことを『なぜ僕は WordPress を使わないで Movable Type を使い続けるのか。 – Junnama Online』を読んでつらつらと思い出したわけです。大して理解できているわけではないのだけど、それでも MTML で書くのは楽しかった。何となくだけど、Movable Type の方が実は自由度が高いのではないかという感じまでしてしまう。べた褒めですね。

はてなダイアリーから移転してさくら VPS でサーバ構築して nginx を使って WordPress を利用したブログを公開しているのは、単純に経験値を上げるためだけかもしれません。多少でも知らないことには何も言えないし、そもそも WordPress そのものも使ってみたらなかなか楽しいし。

そういう感じでここ数日は、WordPress 管理画面にある『テーマ編集』を開いて、各ファイルの記述を眺める日々が続いています。どこがどうなって繋がっているかとか、どこを編集したら思い通りになるのかであるとか、そういうことばかりやっているような。慣れてきたら、オリジナルのテーマを作ってみるのも楽しいかなとか思ったり。

そして、カスタマイズに明け暮れて日記がどうでもよくなるのは、とてもありがちなことだったりするのです。それにしても、何かを行うと考えてなかった部分に思いもしなかった記述が表示されたりで、本当に WordPress は大変だ。その度にカスタマイズする方法を考えないといけないのが面倒。表示が当面ふらふらするのはご愛嬌ということでご勘弁。

豚バラスライスといんげんの甘辛煮

豚バラスライスといんげんの甘辛煮

冷蔵庫にあった豚バラスライスといんげんで何か作ろうかと思って検索したら、どんぴしゃな料理が見つかった。いんげんは数日前の特売の時に買ったものなので、そろそろ使わないと捨てることになっていたわけでちょうど良かった。


★豚バラスライスといんげんの甘辛煮 by ベビードナルド [クックパッド]
http://cookpad.com/recipe/1172088
  • 豚バラスライス 200g
  • いんげん 1パック
  • しょうが 1かけ
  • 醤油 大さじ2
  • 砂糖 大さじ 1.5
  • 酒 大さじ1
  • だし汁 75cc
  1. いんげんは3等分くらいに切って少し塩を入れた沸騰したお湯で茹でておく(色が変わる程度であげて水切り)。豚バラスライスは食べやすい大きさに切っておく。しょうがは薄くスライス。醤油・砂糖・酒・だし汁は先に器で混ぜておく。
  2. フライパンに油を入れて温め、しょうがを入れたら弱火にして軽く火が通って香りがするまで炒める。
  3. フライパンに豚バラスライスといんげんを入れて中火して炒める。全体に火が通ってきたら、1で混ぜた調味料を入れて蓋をし弱火にして 10 分くらい煮る。
  4. 時間が来たら蓋を取って調味料を煮詰めてできあがり。

だし汁少量を取るのは大変なので、ほんだしの粉末を使った。楽できるときは楽するという感じで。炒めたしょうがおいしかったので、もうちょっと量を増やしても良かったような気がする。しょうが好きなら、先の分量に対して3かけくらい入れても問題ないような。

具材の分量が物足りないなら、エリンギだとかぶなしめじのキノコ類を追加するとおいしいかもしれない。というか、次回にやるならキノコ類を追加すると思う。出来上がりの味が甘み優先なので、少しだけ豆板醤を入れるとかしても……とか書き出すとキリが無い。ベースがいろいろとアレンジできる感じなので、その日の気分で味付けを変えるものありというおかずでした。

今年のさくら

毎年恒例で撮影しているご近所のさくらの木が2本あるのだけど、超お気に入りの方は昨年に枝が伸び過ぎたためにばっさりと散髪されていて、今年は少し寂しい状態。天候も暖かくなったり寒くなったりの繰り返しで、咲いている期間は短かったような感じもする。ただ、枝は少なかったのだけど毎年撮っている幹から咲く花は健在だった。身近で観ると結構かわいい。

20120412 / お気に入りのさくらの木

もう1本は渋谷区の保存樹木認定されているものだけど、こちらはアパートが密集したところにある。狭い路地に入らないとわからない個所なのだけど、知っている人達はいつもこの路地裏を通ってさくらを眺めながら駅へと向かうのであった。

20120404 / 駅までの通り道にあるさくら

さくらの撮影期間は2週間くらいあって、晴れていた日もまぁまぁあった。本当であれば撮影した日に画像をアップロードしたかったのだけど、ブログ移転のこともあって今日になってしまった。今月頭はあちこちでさくらの画像がアップロードされていたのに、かなり出遅れた感。

他にも画像はあるのだけど、整理する時間ができたら Pinterest にでもアップロードしようとは思う。お気に入りのさくら、元気に枝を伸ばして欲しい。昨年の満開時には通りすがりの外人さん家族が口を開けて魅入ってた状況で、興奮しながら撮影してた私に話掛けてきたくらい。

現在ではどちらも葉桜になり、毎年の楽しみの1つはこれでおしまいとなった。

nginx で IP アドレス制限と basic 認証を同時に利用する

WordPress の管理画面 ( /wordpress/wp-admin ) へのアクセスを制限するにあたり、固定 IP アドレスである自宅回線はともかく、外部からの利用に関してどうするのかを調べた。結果的には固定 IP アドレスからのアクセスは無条件で許可し、それ以外の場合は .htpasswd を使用する basic 認証を利用すれば良いとのこと。

仮にドキュメントルート上 (ここでは /var/www/html/ ) に .htpasswd を作成したとして WordPress 管理画面を制限するなら、nginx.conf での記述は以下のようになる。

というわけで、上記のように設定すれば想定通り動いた。意外に簡単だとは思ったのだけど、いろいろと追加で調べていたら nginx でのアクセス制限においては IP アドレス表記と CIDR 表記を使うことしかできないようで。ドメインを利用したアクセス制限ができないというのは知らなかった。まぁドメインを利用したアクセス制限というのは気休めレベルなので、固定 IP アドレスがない場合は basic 認証を使えということなのでしょう。

ちなみになのだけど、ngnix.conf に関していろいろ調べていて今回の件。.htpasswd の表記を htpasswd( “.” がない)としているサイトがあったのだけど大丈夫なのだろうか。そういう記事を読んで “.” なしでそんなファイル作る方がいたら大変だ。バレたら簡単にダウンロードされてしまうのだが。

そんな感じですが、やりたいことができたので満足。もしかすると通常は basic 認証部分をコメントアウトしておいて、外部から利用するときだけ ssh でターミナルからその部分解除して利用するとかやればいいかなとも思ったけど、面倒だからきっとしない。まぁ外部から触るときは何かしらのメンテナンスだろうから、コメントアウトするしないはあまり手間でもないけど。