YUKI のソロ 10 周年記念ライブへ行ってきた

昨年末の抽選で当選してから5ヶ月ほど待った今日は、YUKI のソロ 10 周年を記念する東京ドームでのライブ。天気が崩れるとのことだったけど、傘をさしたのはグッズ購入する時に少しだけ。


今回のお題は “SOUNDS OF TEN” 。


上京してから 10 年以上になるけれど、東京ドームに入るのは初めて。阪神ファンが野球観戦にも行ったこと無いのに、初めて入場した東京ドームで座るのが1塁側2階席とか。初めてはレフトスタンドにしておきたかった。でまぁ、近くには何度か行ったことはあって、そのうち1つは JCB ホールで行われた、これまた YUKI のライブだったということを思い出した(確か five-star 発売後のライブ)。

彼女のライブに行ったらタオルケットだけは買うことにしているのだけど、売り場に並ぶ列が長い。開場 15:00 ということだったのでそれより少し前に到着したのだけど、どんだけ並ぶねんと。誘導がスムースだったので時間は掛からなかったけども、入場してから知ったのは、ドーム内にも売り場があったこと。これを知っていたら、きっと傘を使うことはなかったような。ちなみになぜかジャイアンツグッズ売り場も開いていたのだけど、ジャビット人形を買ってる人がいて少し笑った。


開演は 17:00 を少し過ぎてから。オープニングの映像がめちゃくちゃかっこいい。最近の他のアーティストのライブは知らないのだけど、映像にものすごくお金が掛かってるのがわかる。昨年観に行った代々木体育館でもそうだったけど、映像を使ったパフォーマンスは声が出る。そして相変わらず YUKI はかわええ。あれで 40 歳とかなんてこったい。

3時間を越える時はあっという間に過ぎて、アンコールは『プレイボール』『世界はただ、輝いて』『大人になって』『プリズム』の4曲。アンコール1曲目に入るときの掛け声は「(YUKI)元気はつらつ!」「(会場)オロナミンC!」でした。ちなみに新曲の『プレイボール』は、東京ドームでの公演が決まってから書いたそうだ。3曲やったあとに「一生歌える曲になりました」(要約)と言ってから始まる『プリズム』では少し目が潤んだりした。

何曲やったのか数えていなかったけど、今回のライブは DVD になるそうで。それを踏まえてスクリーンには会場の様子もたまに映るのだけど、編集されなかったら私も入っているかもしれない。スクリーンに入っちゃったようなので、これは DVD を買えということなのか。写真など撮られることがあまり好きでない私なので、今のところは記録に残る映像の最新版がこれになるかも知れぬ。私が死んだらここから画像を。

毎度おなじみ変な踊りもやって満足した帰り道は晴れていて、大きな月を観ながら歩いた。唯一出掛けた GW 最終日は、とても楽しい日になった。

鶏もも肉のオリーブオイル柚子胡椒焼き

週末用に材料はたくさん買っておいたのだけど、鶏もも肉が多めになったので久しぶりに柚子胡椒焼きを作ることにする。以前のブログにも書いたけど、移転したということあって再掲ということに。

★鶏もも肉のオリーブオイル柚子胡椒焼き(2人前)

  • 鶏もも肉 1枚
  • オリーブオイル 適量
  • 柚子胡椒 適量
  • 塩 少々
  1. 鶏もも肉は4等分に切って、肉厚なところには包丁を入れ薄くして、皮側からはフォークでぶすぶすと差して穴を開けておく。表面に軽く塩を振って5分ほどおく。

  2. ボールにオリーブオイルと柚子胡椒を入れて混ぜる。適量とは書いたけど、鶏もも肉1枚ならオリーブオイルを 100cc くらい、柚子胡椒は大さじ1くらいかな。それに1を入れて軽く揉んでからラップをする。ラップは鶏もも肉の表面を抑えるようにぴったり張っておく。

  3. 20 分程度マリネしたら、フライパンを中強火にかける。鶏肉をオリーブオイルに浸けているので、油はひかない。フライパンが温まったら、鶏肉の皮を下にして焼く。

  4. 皮が焼けたら中弱火にして裏返し、蓋をして火が通るまで焼いたら完成。



オリーブオイルに浸けている時間は掛かるけど、調理自体は簡単なので楽でヨロシイです。鶏肉自体にしっかり味が付いているはずなので、そのまま何も付けずに。もしかすると、お弁当に入れるのも良いかもしれない。

ハガレンと銀の匙

『ワンピース』の最新刊が発売されているのは知っていたので、仕事の帰りに地元の書店にて購入。前から気になっていて読んでいなかった荒川弘の『銀の匙』の最新刊も平積みになっていたのだけど、まだ3巻だったということでこちらも全巻購入しようかと思ったら1・2巻が売り切れ。

急ぐことも無いので、こちらは発注しておいてもらうことにして3巻は取り置き。Amazon などで買えば全巻すぐに揃うのだろうけど、専門書以外は地元のお気に入りの店舗にお金を落とすということにしてるので問題無し。

かなりの雨が降っていてお客さんも数名しかいなかったので、レジに立っている2代目と日曜朝のアニメに関する話になる。最近はあまりテレビを観ていないようなのだけど、日曜早朝から放送している『聖闘士星矢Ω』というアニメの内容を要約して教えたら腹筋が割れるほどウケていた。あとはキュアピースとサザエさんにおけるジャンケン対決の話とか。おっさん達が何を話しているのだ。

ところで前巻取り寄せをお願いした『銀の匙』なのだけど、荒川弘が描いているということで気にはしていて、ただ毎週週刊誌を購入してるわけでもなくて——もう長い間週刊誌を購入して漫画は読んでいないのだけど——噂にあれこれ聞くと「どうなのかな」とか思うわけで。テレビを観ていたら、それが賞を取ったとかで俄然興味は湧くわけです。もう内容はよくわからないけれど、荒川弘なら多分間違いないだろうと。

さて。

実は荒川弘の『鋼の錬金術師』の全巻は購入しているのだけど、最終巻を読んでいないのです。正確には最終巻とその前の巻なのだけど、まだ読んでいない。発売日に購入してはいるのだけど、棚の上に置いたままになっている。彼女の紡ぐ話が好きでアニメから入って単行本を購入することになった作品なのだけど、どうにも最後まで読むことが出来なくて。

なぜだろうと自問自答していたのだけど、わかったことは「このお話が終わって欲しくない」と年甲斐も無く考えてしまったことなのだよなきっと。だから何かこう、最終話まで読めないという感じで現在に至ると。そろそろ全巻読み直して終わりまで行こうかと思ったけども、それくらい好きなお話。そういうものを紡ぐ人の作品だから買わないわけにはいかんなと。

現実とかいろんなことを忘れてしまえるくらいのお話を紡いて表現できる人はすごいね。あれこれ読んではいないけど、時間のある時にばぁああと読んでうわぁあああっとなって、時間泥棒ができるモノを創作できる才能がどれほど羨ましいことか。

取り寄せに少し時間が掛かるそうだけど、『銀の匙』は楽しみにしておくことにした。

あっという間に5月

そういえばエイプリルフールとかあったなぁ、というような感じであっという間に5月。今年ももう残り 2/3 になっているとか考えると、時間の流れが速過ぎて。何かあると書いているような気もするけど、歳を取るほど時間の流れが速く感じるのは「時間の流れそのものを経験する機会が増えているから」ではないかという。毎年毎年1年分の感覚の経験値は積み重なっていくわけだし。ともかくはあっという間に5月。

最近の都内は天気の良い日が少なくて、GW の後半は天候もよろしくないらしい。基本的に長期休暇であろうが関係なく家の中がでごろごろするのが日常なので、天気なぞほとんど関係ないのではあるけれど。ただし今年は GW 最終日に YUKI の 10 周年記念ライブが東京ドームで開催されるわけで、そのチケットは持っているから出掛ける機会ができましたとかそんな感じ。

写真は先月に撮影したタンポポ。急に暖かくなってきた晴れの日、地元駅に向かう途中の生活道路脇に自生していたもの。アスファルトの多い地区に住んでいると、道端にあるタンポポでさえ久しぶりな感じがして不思議。今日もまた同じ所を歩いてみたのだけど、さすがに全部綿帽子になっていて、他の花が咲いていた(よくわからないのは私的に仕方ない)。

結局のトコロは毎度のように何もしなかったと言って良い GW の前半だったけれども、後半の連休はまた大掃除でもしてみるかとか(書いておかないと絶対に動かないから書いてる)。休みの間にまとめて読もうと思っていた本もあるから、それも多少は処理しつつ、だらだらと時間を潰していく所存であります。

気が付いたらきっと梅雨入りになっていると思う。ああ、雨ってやーねー。

Google Drive 内に暗号化ドライブを作る

Google もクラウドストレージサービスを始めたので、利用申請を行ったのが昨日。そして、使えるようになったのが今日。無料で用意されてるのは 5GB だけど、有料であれば最大で 16TB まで利用できるとのこと。そこまで使うかという気がしないでもないけど、そういうことらしい。興味のある方は Google Drive から申請の手続きを取るとよろしいかと(要 Google アカウント)。

さて、本題。

クラウドストレージサービスというのは他にもいろいろあって便利だけども、外部の企業が用意したサーバ内に個人的なデータを置くということは忘れがち。たまに「パスワードなどを書いておいたファイルを置いておくと便利だよ!」的な頭がおかしいのではないかと思わせるようなことを書いているサイトがあるのですが、そういうことをさせるなら、せめて暗号化ドライブを作成して、そこに重要なファイルを置くように誘導すれば良いのにと思うわけです。

私は現在 Dropbox1 を利用しているわけですが、通常の利用の他に重要ファイルのバックアップ用ドライブを作成して、そこにいろいろと突っ込んでいたりします。メインの MacBook にも同様に暗号化したドライブを作成し、複数の場所でバックアップするという体制にしているというわけです。

暗号化ドライブを作成には TrueCrypt を利用します。対応しているのは Windows 7/Vista/XP・Mac OS X・Linux となっていて、この記事を書いてる段階での最新バージョンは 7.1a となります。ダウンロードページから該当する OS を選択してダウンロード、その後普通にインストールするだけ。

Windows 版では日本語化もできるようなので、英語が苦手な方は Language packs からファイルをダウンロードして解凍、TrueCrypt のあるディレクトリに Language.ja.xml ファイルを投入して TrueCrypt を起動してから使用言語を変更すると良いらしいです(ここは添付の readme.txt を読んでね)。

というわけで、Mac OS X にインストールして TrueCrypt を利用して Google Drive 内に暗号化ドライブを作成する手順を(Mac OS X なので英語メニュー前提です)。

  1. TrueCrypt を起動。Volumes メニューから “Create New Volume…” を選択する。Wizard 画面が開くので、そのまま次へ進む(Create an encrypted file container が選択状態)。
  2. Valume Type の画面でもそのまま次へ進む(Standard TrueCrypt volume が選択状態)。
  3. Volume Location の画面で Google Drive を指定してドライブ名を入力する。ここでは Volume.tc とした(ここはお好きな名前で)。ドライブ名には .tc と拡張子を付けておくのを忘れずに。
  4. Encryption Options ではいろんな暗号化形式が選べるのだけど、よくわからないならそのままで。
  5. Volume Size で暗号化ドライブのサイズを決めます。私の場合、重要なファイルで分散して保存したいのはテキストファイルばかりなので、あまり容量は必要はありません。今回は 200MB を割り当てることにします。ちなみに画像にある “Free space available 57.3GB” の部分ですが、これは私の MacBook の残り空きスペースなので、人によって数値は変わります。
  6. Volume Passwod 画面で、ドライブへアクセスするためのパスワードを設定します。パスワードが短いと設定できません。私は英数字記号を混ぜて 20 文字前後を設定しています。パスワードが長くなると覚えるのが難しいかもしれませんが、これはそれなりに自分用のルールを決めていれば問題なく設定できます。
  7. Format Options でドライブのフォーマット形式を選びます。選択できるのは none・FAT・Mac OS Extended の3種類。私の場合は Windows からもアクセスするので FAT を選択します。Mac OS Extended を選択すると、Windows からアクセスしても開くことできなくなります。
  8. Volume Format の画面になるといろいろと文字列が流れます。何か動いてるからと思って待っていても何も起きません。そのまま “Format” ボタンを押すと、流れた文字列をキーにして暗号化ドライブの作成に入ります。”The TrueCrypt volume has been successfully created.” というウィンドウが表示されたら OK を押します。
  9. Volume Created の画面が出たら、そのまま次へ。また1の画面に戻って新しいドライブを作るかどうか聞かれるけども、今回は終了なので “Cancel” して作業完了です。Google Drive のディレクトリを開いて、作成した “Volume.tc” が出来ていることを確認してください。
  10. 以降、利用する時は TrueCrypt を起動して “Volume.tc” を選択して “Mount” してパスワード入力すればファイルの操作ができるようになります。使い終わったら “Dismount” して TrueCrypt を終了すること。

クラウドストレージサービスを使って重要なファイルを分散させて保存させると、メインで利用している PC が突然のトラブルでクラッシュしたときなどの保険として使えます。ただやはり、完璧に信用しているわけでもないわけで、できるだけの対応はしておきたいということですね。この対応で絶対に忘れてはいけないのが、アクセス用のパスワード。これを忘れたら終了なので、そこだけは注意。

長いけども覚えやすくてかつ、サービス(や各ファイル単位)に設定するパスワードの作り方というのはあるのだけど、これはまた別の話。ちなみに当然のことながら作成するドライブの容量が多くなると、作成に時間が掛かります。以前にテストで Dropbox に 2GB ほどのドライブを作った時は、同期にかなり時間が掛かってしまったような気がする。今回のように 200MB 程度であればすぐに作成できて使えるようになります。

Google の規約で先走っていろいろ書いてる記事が取り上げられてるけど、そういうのはによによしながら放置。使い方は各人で決めると良いと思います。大事なファイルを預けるなら、それなりの対応で。やってみれば、そんなに難しくないですよ。

  1. まだ利用したことがなくて興味のある方は、『Dropbox への招待』からどうぞ。通常 2GB から開始ですが、ボーナスが 500MB 追加されて 2.5GB からのスタートになります。 []