ピェンロー(2020/12/30)

ピェンロー(2020/12/30)

昨日の晩ごはんは『ピェンロー』を作った。台所を掃除するので、洗い物は少なくしておきたいということもあり。こういうときの鍋物というのは、本当に楽でよい。

干し椎茸を戻した水が800cc。それにほんだしを入れて沸騰させて、白菜・鶏もも肉・豚バラ肉・干し椎茸を煮る。ごま油を入れてさらに煮たら緑豆春雨を入れてまた煮る。白菜がくたるまで煮て、仕上げにはまたごま油。

今回もスープにハワイ産の岩塩を入れて、つけ汁にする。塩分取りすぎなのはわかってるのだけど、やっぱおいしい。〆はご飯を入れて、卵2個を使って閉じる雑炊にして食べた。味が薄いなら塩を追加するとよい。

というわけで、今年最後の鍋料理は終了。今季は野菜が安くなっていたこともあって、鍋の回数も例年より多かった気がする。想定よりも寒くなったということもあるかな。この調子だと、年が明けても当面は鍋三昧になるのだろうな。