あげさんの膀胱炎と年末年始看護の備忘録

2017年になって10日目。少しは落ち着いたので、年末年始とあげさん(19歳)の膀胱炎に関しての記録を書いておくことにする。2016/12/22に膀胱炎が再発したところから話は始まる。前回の膀胱炎を確認したら2013/03/31にエントリをアップしていた1 ので、ほぼ3年半ぶり。

2016/12/22(木)

日が変わる前あたり。あげさんの居たホットカーペット上で血のシミを発見。前回の経験から膀胱炎であろうということがわかったのだけど、あくまで憶測ということもあり、翌日朝一番で掛かり付けの動物病院へ行くことにする。おしっこの頻度は少なめだったけれど血が混ざっている状態が続くので、翌早朝までは適宜掃除をしつつ様子見。

2016/12/23(金・祝日)

動物病院まではタクシーで約20分程度。開院は09:00なので、08:30くらいにかごに入れたあげさんを連れて病院へ行く。先生に症状を説明して検診。血のおしっこが付いたティッシュ(ジップロックに入れて持って行った)も確認してもらったところでは「膀胱炎でしょう」ということで、抗生物質の注射を打ってもらう。

注射した抗生物質は2週間程度保つとの説明を受け、年明け週末(2017/01/05付近)まで様子を見ましょうという結論で帰宅。帰宅後のあげさんは多少元気になったようで夜には普通におしっこもできるようになる。食欲も普通にあって特に問題はないように見えた。

2016/12/31(土)

紅白歌合戦が始まる時間帯くらいだったか、また血尿を確認。今回は明らかに症状がひどくなっていることがわかるくらいで、横になる時はぐったりしてしまう。トイレに行こうとはするのだけど、我慢できなくて立ち上がった途端にその場でおしっこしてしまう。おしっこするのはわかるので、気が付いたらティッシュを持ってそれを受けて拭いてあげる作業を繰り返す。

1回のおしっこの量は少なくて、目薬3〜6滴分くらいかな。それに血が混ざって薄めのピンク色。水を飲んだ直後だけは若干おしっこの量が増えるのだけど、それも3枚くらい取ったティッシュで受けられる程度。ともかくはトイレに行けないので、寝ている毛布がおしっこまみれ。横になっている間も血の混ざったおしっこが垂れてくるのがわかるので、いたたまれなくなってくる。

ここで、トリミングしておいて良かったと本当に思った。長毛種なので、毛が長いままだったら、そこまで細かいことにが気が付かなかったかもしれない。

2017/01/01(日・元日)

毎年年明け早々から軽く仕事を行い、あげさんが寝ているのを確認後に地元神社へ初詣に行く。こちらの神社は毎月月初めにあげさん&まろさんの健康をお願いしているところなので、今回も初詣というよりは彼女たち用のお願いがメイン。仕事関係用は毎度のお稲荷さんに行って、1時間ちょっとで帰宅したのが04:00すぎたくらいだったろうか。

帰宅後はあげさんに付きっきりでおしっこをティッシュで受けて撫でてあげること数時間。地元で元日から通常営業している動物病院を見つけたので、08:00開院に向けて行動。5分前くらいに到着して受付をしてもらい、診察を受けた。状況は全部説明して再度抗生物質を打ってもらい、次回掛かり付けの病院に行くまでの間用の抗生物質錠剤をもらう。

診察室ではそのままおしっこを出してもらい、そちらも検査。phは6.6(弱アルカリ性)で比重が1.01(猫の通常が1.02とのことらしい)という結果だったのだけど、検査したおしっこに結石は見当たらず。この場合は結石による膀胱炎ではなくウイルス性でしょうという判断。phが酸性に振れると結石の疑いもあるそうで、勉強になった。

帰宅後は多少落ち着いたようだが、状況にあまり変更はない。布団の上で寝ているが起きてトイレに行く途中、力尽きておしっこしてしまうパターンが多くなったことを受けて、布団半分とトイレまで行く道中ににペット用シーツを敷く。以降私は布団の残り半分の上で生活することになる。

2017/01/02(月・祝日)

寝ているときもぐったりした感じで、こちらとしては心穏やかにはなれず。おしっこの量も変化なし。トイレに行こうとして起きるのだけど、その場でおしっこする状況も減らない。血もまだまだ混ざった状態。

ここで、あげさんが大晦日の再発時からご飯を食べていなかったことに気が付く。食欲が無いのは仕方ないのかもしれないのだけど、心配で心配でほとんど何も手に付かず(スマホでいつでも中断できるゲームしかしてない)。黄色い液体も吐いたのだけど、これは胆汁のようで食べていない状況ではままあることらしい。

2017/01/03(火)

状況は変わらず。食欲不振が心配なのだけど、どれなら食べてくれるかわからないので、彼女が好きなものと匂いの強いカリカリを購入。結局口をつけてくれたのは焼き海苔だけ。細かくちぎって口まで持っていったら少しだけ食べてはくれたのだけど、この後5〜6cm程度の細いうんこをしたこと確認。考えたらうんこも出ていなかったのだけど、こちらは食べてないからだろうと判断。

ゴミの日が翌日に控えているのだけど、おしっこを受けたティッシュで30リットルのゴミ袋がいっぱいになる。もう数日おしっこ受けては適度に手を洗いに行くという行為を繰り返していたので、手がしわしわになっていたのは仕方ない。

夜間には別件でてんかん症状も出てしまって、自身を落ち着かせるのに精一杯。こちらも数年前に出てから後は治まっていたのだけど、2016/11/03に再発してからの続き。間が2ヶ月あるので、こちらは経過観察モードとする(発症間隔が2週間を切ったら先生に相談するという約束をしている)。

2017/01/04(水)

掛かり付けの病院年始初日、一番乗りで伺って年末年始の状況を詳細に説明。膀胱炎が考えていたよりひどかったのが原因だろうということで、炎症止めの薬を注射してもらう。(最初に打ってもらった)抗生物質そのものは効いているはずなので、原因となるウイルスは抑えられていると思われるとのこと。

念のために血液検査も行い、数値に関する説明も受ける。白血球の数値がいつもの3倍を超えていたのだけど、平時が少ないので通常の範囲。その他の高目の数値を出している項目も、現在膀胱炎と戦っているからということで納得。そうして翌日から1週間分の炎症止めの薬ももらって帰宅。

帰宅後のあげさんはややぐったりな感じではあったのだけど、多少は動けるようになる。おしっこも寝て起きていきなりする回数は減り、トイレまでの道中のペット用シーツ上で行うことが増える。

私はこの日から仕事始めだったのだけど、あげさんの調子も良さそうで帰宅後にカリカリを出してみたら食べてくれたのはうれしかった。

食欲に関しては、炎症止めを飲ませて2日経っても食べない場合は点滴を打ちましょうということになっていたので、本当に食べてくれて良かった。

2017/01/05(木)以降

おしっこの量は増えて血の量はどんどん減り、日々トイレには近付けるようになり、これを書いている現在では布団上のペット用シーツは撤収。やっと布団半分の生活からも開放。少し前まではトイレに入っておしっこできたら、ちゃんと私のところまで来て鳴いて報告してくれるようになったのは面白かった。

もらった炎症止めの投薬も明日で終わり。少なくとも目視できる範囲での血尿は確認できなくなった。まだトイレに身体半分だけ突っ込んでおしっこしてしまうことはあるけれど、「がんばったなーw」と言って頭を撫でるようにしている状態。

食欲はまだまだ復活しないけれど、毎日多少なりとも食べてはくれるので大丈夫かな。やっと少しだけではあるけどうんこもしたので、こちらも一応は安心できた。この調子でゆっくりで良いから完全回復できますように。

ねむねむあげさん

以上、年末年始のあげさん介護記録。

  1. あげさん膀胱炎になる』を参照してみてください。 []

ヨドバシエクストリームサービスを体験した感想

ここ数年、ネット通販のメインはこれまでずっとAmazon。ところがAmazonではいつも購入する猫砂が「あわせ買い対象」になってしまって、それだけでは購入できなくなったのが結構不満だった。一定以上の金額を使わないと送料も掛かる。

そこで昨年一度だけ試してみた『ヨドバシ.com』でペット関連の商品を検索したのだけど、当時に比べてかなり充実していることを知り驚いた。我が家ではドクターズケア(高齢者猫用カリカリ/腎臓サポート系)をメインにしているのだけど、それ以外でよく購入するものがすべて揃っていたのであった。

そういうわけで、今回は残り少なくなっていた猫砂の購入を行った。東京都内では2016/09/15より23区全域+αで『ヨドバシエクストリーム(Yodobashi Xtreme)』というサービスが始まっており、対象区域であれば最短で2時間30分で商品が届くということで、それがどうなのかお試しを兼ねてみた次第。

今回注文したパターンでの流れは以下。

  1. 2016/12/15 23:54 猫砂を4袋購入手続き。1分後に決済完了メール到着。
  2. 2016/12/16 05:37 在庫のあった1袋分の商品出荷メール到着。
  3. 2016/12/16 09:05 商品配達開始メール到着。
  4. 2016/12/16 09:27 商品配達完了メール到着。(受け取り後送信された)
  5. 2016/12/16 12:55 店頭在庫のなかった残り3袋分の出荷報告メール。
  6. 2016/12/16 17:00 商品配達開始メール到着。
  7. 2016/12/16 17:30 商品配達完了メール到着。(受け取り後送信された)

こんなに速くなくても良いのに! というのが最初の感想。これが手数料無料&エクストリーム配達区域内で自動的に対応されるというのであれば、正直面倒くさくなったAmazonで注文する理由はなくなってしまった感が強いのであった。

まぁAmazonではプライム会員になると他のサービスも受けられるのだけど、私の場合はそれらを利用しないというのも大きかった。あ、あとゴールドポイントカードでのポイントも付与されるし。

これでドクターズケアも扱ってくれるようになったらヨドバシ.comは最強なのですが、もしまかり間違ってこのエントリを関係者の方が読まれていたら御一考のほどよろしくお願いいたします。

これで残るAmazon利用は、電子書籍とゲーム用のAmazonコインかなぁ。欲しいものリスト的なサービスもヨドバシ.comで始めてくれたら乗り換えるんだけど、Google経由で広告出してる感じだし、そこまでやるのはまだまだ時間掛かるかな。

ともかくはヨドバシカメラ恐るべし、です。Amazonに対抗できる最有力候補だと思うのでがんばってください。

ヘルスケア大学から監修ドクター情報が消えている

DeNAが運営する医療系サイト「WELQ」の炎上休止で、昨今における「キュレーションサイト」の有り様が問われている件。医療関係者が監修もしていない状態で公開された記事ばかりでどうしようもなかったというのはさておき、ならば、医療関係者が監修してれば大丈夫かというとそうでもないようで。

「2270名のドクターが参画するヘルスケア情報サイト」をウリ文句に医療系の記事を公開している「ヘルスケア大学」というサイトがあります。

「ヘルスケア大学」では各記事に監修ドクターの顔写真や所属、名前等の情報が記されており、それを以ってして信用たる証としているようです。実際にとある方に聞いたところでは、忙しいドクターに変わってライターが執筆(執筆者の情報は非公開)を行うが、内容に関してはドクターに確認を行ってから公開されるものだそうです1

ところがドクターに監修されたという記事の割にはかなり怪しい内容のものもあり、一部では「本当にそれで問題ないのか?」という声も聞こえてきていました。実際にホメオパシーであるとか水素水であるとか、その手のキーワードで検索するとたくさんの記事がヒットします。

さて。

その「ヘルスケア大学」の記事から監修ドクターの情報が消えているというタレコミをもらいました。実際に何本かの記事を確認したのですが、監修ドクターの情報が消えたものは以下のような表示になっています。

監修ドクター表示欄からドクターの名前が消えている

ちなみにサイト内で「水素水」をキーワードにして記事検索を行うと、以下のような結果が表示されます。

ヘルスケア大学内記事検索の結果

何本かの記事を確認するとわかるのですが、検索結果に「【医師監修】」と記載されているにも関わらず、記事を表示すると監修ドクターの情報がないというおかしな事態が発生中。執筆者の情報がない記事で監修ドクター情報が消えるとなると、その記事が本当に信用に足るものなのかどうか不明となります。

ドクター情報が消えた記事もInternet Archiveで記事URLを確認すれば判明するのはご愛嬌。で、今回の状況。運営側が自主的に行ったのではなくて、監修しているとされた先生方からの依頼で情報を下ろした感じがします。いろいろと記事を読んでいたのですが、特に問題がないような記事からもドクター情報が消えていますし、同じドクターでも情報が残っているものと下ろしたものが混在している事例もあったりします。

要するに、DeNAの状況を見た先生方が「もしかしてやばくね?」で逃げ出したのではなかろうかと、そういう雰囲気をひしひしと感じるわけです2

なお、検索窓よりドクター名を入れて検索すると、その方の監修した記事一覧もリストアップされます。中にはすべての監修記事が消えてしまった方もいるようで、「うわ、完全逃亡wwww」というカオスな状況になっていたり。

ウリ文句である「2270名のドクター」の数はどうなるのでしょう。そんなことをつらつら書きつつ、監修ドクターの情報が消えたものに関しては一旦非公開という措置を行ったほうが良いのではないかと思いつつ、今後の展開を見守りたいなと考えるねこなのでありました。

にゃーん。

  1. どうもチェック体制に関する運用に変更があったという話も聞いています。 []
  2. 2016/12/08 23:27 追記挿入した文言です。いやほんとそうじゃないのこれ、という感じで。 []

今年も散髪のあげさん

歳をとってほとんど毛繕いをしなくなった長毛なあげさんなので、どうしても毛玉ができてしまう。本当はもう少し前に連れて行きたかったのだけど、なかなか時間が取れなくて。そんなわけですが、昨日までのあげさんがこちら。ぼさぼさでございます。

ぼさぼさあげさん

そうして昨年同様、ライオンカット風味でトリミングしてもらった結果はこちら。

今年もライオンカットのあげさん

トリミングしくれてたのも昨年と同じ方。昨年はなんだかんだで5時間近く掛かったのだけど、慣れというかあげさん知ってくれてるからか、ほぼ予定通りの3時間半で終了。トリミングルームがあげさんの毛ですごいことになっていたのだけど、そこはさすがに長毛種であります。

トリミングが終わって先生があげさんに巻いてくれたのは、ハロウィン仕様のミニバンダナ。これがなかなか似合っていてかわいい。

ところでトリミングして判明したのが、首の右側にできてたイボ。こういうのはトリミングしないと恐らくは気が付かなかったので、とてもラッキーだと思った。長毛種の皮膚の異常というのは、なかなか気の付くものじゃない。先生曰くは「悪いものじゃないと思うので、時間のあるときにいつも診てもらってる先生に相談で良いと思います」とのこと。

19歳とはいえ、これまで想像していた以上には元気なので本当にありがたい。来年もトリミングしに一緒にお散歩できますように。

ペットセメタリー

いつものアイコンとスクリーンネーム。それだけしか知らないで何年もTwitter上で相互フォローな関係の人がいる。付かず離れずとは云うけれど、本当にどちらかが気が向いたら会話を交わすだけの関係。そんな人の大好きだった猫が死んだ。

最後の数週間に渡る介護の記録がとてもつらくて何も声をかけることができなかったのだけど、一度だけ「良くなればよいですね」的なことだけは伝えることができた。

話の流れで年齢は聞いた。15歳だったそうだ。正直若いなと思ったのは私の勝手な思い込みで、世の中的には飼い猫の平均寿命。厳しい。名前と性別も聞きたかったのだけど、そのタイミングは逸してしまった。知らない彼の大好きな家族が15歳で死んだということだけが頭の中でぐるぐる。

「ねこがしんだ」とだけ書かれたのをリアルに見てすぐ「お疲れ様でした」とレスをした。お疲れ様でしたとしか書けなかった。

その後の日記でずっと知りたかった猫の名前と性別を知る。彼と彼女の思い出がぼろぼろと流れてきて、私はそれを読みながらずっとあげさんの身体を撫でながらそれを読む。

Twitterで大好きだった家族が亡くなったという話はそれなりに読むのだけど、この人の猫の話がこれほどまでに胸に刺さるのはきっと私が彼と同じようにひねくれ者だからだと思っている。大好きなのに大好きなのに、なんでまだ斜に構えるところがあるんだよ。だから、枯れるまで泣こう。

亡骸を抱えて3日過ごした彼は、彼女を川の近くにある大きな木の下にスコップで穴を掘って埋めた。その様子を書く日記にあった写真、掘られた穴と積み上げられた土の山の高さを見た瞬間に声を出して泣いてしまった。深く掘られた穴の下にそっと置かれた彼女と、そこに最初に土を被せるときの感情を思うとすごく胸が締め付けられた。

ペットセメタリーという映画を思い出した。あれは本当に切ない話だった。

近い将来あげさんが死んだら、というシミュレーションは何年も前から馬鹿みたいに繰り返している。彼女が死んだらカゴの中に入れて花をいっぱい周りにおいてそれをそのまま焼いてもらおう、骨の一部がもらえたらそれをペンダントにしよう。そんなことを考えていたのだけど、土葬された彼女を観たら「自分に対する気持ちの落としどころをどこに置くか」という命題に如何に向き合うかを再考することになってしまった。

ほんとはね、ダメなことだとか知ってるんですよ。勝手に埋めたりとか。Twitterで他の人だけども、死んだ猫を自宅の庭に埋葬したら彼岸花が咲いたって。花言葉は「また会う日を楽しみに」。

どこかでまた会えたら。ずっと向こうで一緒に居られたら。